ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

運転免許証に書かれている「中型車」の意味は?

運転免許には「眼鏡等」「普通車はAT車に限る」などといった注記付きになっているケースがよくあります。以前はメガネが必要な人やAT限定免許の人などに限られていた運転免許証の注記ですが、最近「中型車は中型車(8t)に限る」という注記が付いていたりします。この注記の意味は何なのでしょうか。


運転免許証に書かれている「中型車」の意味は?

運転免許証が中型免許になっていた

運転免許証の中央部分、有効期限の下にある注記が書かれた部分は「免許の条件等」という項目です。免許証を持つ人が運転する際に制限がある場合に、ここにその内容が記入されることになっています。

例えば、近視のためにメガネ・コンタクトレンズが必要な場合は「眼鏡等」、AT限定で運転免許を取得した場合「普通車はAT車に限る」といった具合です。普通自動二輪で小型限定の運転免許証には「普通二輪は小型二輪に限る」と記載されます。

ところが、条件無しの運転免許を取ったはずなのに、更新したら条件付きの中型免許や準中型免許になっていた、という人が多いはず。これは、2007年と2017年に、普通車に関係する運転免許の区分が変わったことによる注記です。

2007年6月1日以前は、普通自動車運転免許でも車両総重量8t・最大積載量5tまでの自動車が運転できました。しかし、2007年6月2日以降は車両総重量5t・最大積載量3.5tに、さらに2017年3月12日以降は車両総重量3.5t・最大積載量2tに範囲が変更されています。

運転免許証に中型車(8t)に限ると記載

その代わりに新設されたのが、2007年からの中型免許、2017年からの準中型免許です。しかし、免許区分の変更で運転できなくなるのは不便なため、最初に普通自動車運転免許を取った時点で運転できた範囲までOKという経過措置がとられているのです。

そこで、2007年6月1日以前に取得した普通自動車運転免許は、自動的に中型免許となり「中型車は中型車(8t)に限る」と記載されます。同様に、2007年6月2日から2017年3月12日に取得した普通自動車運転免許は準中型免許に切り替わり「準中型車は準中型車(5t)に限る」と記されるのです。

ちなみに「免許の条件等」欄に書かれた部分を消し、限定無しにする手続きは、限定解除審査と呼ばれるもの。レーシック手術後「眼鏡等」の限定を外す場合は視力検査だけで済みますが、AT限定や中型車の8t限定などを外すケースは技能審査が必要です。

限定解除審査は、各都道府県の運転免許試験場で受けるのが原則。しかし、免許を取得するケースと同じく、指定教習所で教習を受けて合格すれば、技能審査が免除されます。この場合、教習時間は一から免許を取得するより短く、料金も割安です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事