ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

公安警察が外国人を“エス”に仕立てる方法とは

東京オリンピックが延期になったとはいえ、引き続きテロの脅威と向き合わなければならない日本では公安警察、中でも外事課の強化が必要とされています。公安警察は、外国人犯罪組織やスパイ活動を、どのように割り出してしているのでしょうか。警視庁の公安部外事2課にも勤務していた元捜査官に話を聞きました。


公安警察が外国人を“エス”に仕立てる方法とは

公安警察はエスを作ることが重要

「我々は国家の秩序の維持を命としています」と話すのは公安警察の元捜査官。現状の日本は「スパイ防止法がないためにスパイ活動を取り締まれず、さらに出入国の管理が比較的に緩かったため1990年頃からロシアや中国からの密入国者やオーバーステイの者がどんどん増えてきました」といいます。

「また、日本での留学や研修で来た人の中にも、スパイ活動をする者もいます。彼らを“スリーパー”と呼ぶのですが、日常生活に潜んで企業や国家の機密情報を盗んで本国に持ち出している」というのです。

公安警察の目的は「地道な監視や調査で犯罪組織やスパイ活動を割り出し、検挙する」こと。そこで重要になるのが、外国人犯罪組織やスパイ活動を割り出すための情報協力者“エス”を作ること。エスとはスパイの頭文字からそう呼ばれます。

「例えば飲食店で商売をしている外国人をエスに仕立てる場合、店に通って仲良くなったり、時には金を貸したり何かと面倒をみてやります。そうしているうちに商売敵などの情報をくれるようになります」とのこと。「情で関係を作る」のです。

公安警察はテロ組織の把握が課題

実際には「偽造パスポートを作っているとか、偽造の在留資格証を持っているとかね。とりあえず軽犯で引っ張って、背後にいる犯罪組織を一網打尽に摘発なんてこともありますよ」と話します。

そして、いま最も公安警察にとって課題なのはテロ組織の把握です。「現状は難しいといわざるをえません。イスラム関係を探るのにモスクや周辺を回ったりもします」といいます。

「ただ、テロリストかどうか、危険思想を持っているか見極めるのは難しいです。今では入国の際に顔認証もできますが、正規に日本に入って来られてテロを起こされたら防ぎようがない」とか。「また、テロ組織に感化された国内の危険分子を割り出すのも困難」というのが現状です

このため、公安警察にはこれから「語学ができて、ごく細かい外国人のコミュニティにも潜り込んでいける能力が必要でしょう」と話してくれました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事