ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デモや集会で私服の公安警察を見分けるポイント

警察組織の中でも謎が多い部署といえば「公安警察」でしょう。泥棒や殺人事件などの捜査を行うのがいわゆる刑事警察なら、公安警察が担当するのは、国家の社会秩序を乱す恐れがある組織や団体の監視・調査。デモなどの集会に公安警察は私服で出没します。そんな公安警察を一目で見分けるポイントを紹介しましょう。


デモや集会で私服の公安警察を見分けるポイント

公安警察が私服でデモや集会を監視

「公安警察」とは、共産主義思想や社会主義思想を取り締まる目的で戦後に発足した特別高等警察の後継組織です。国家の社会秩序を乱す恐れのある組織や団体の監視・調査を、主な目的としています。

全国の公安組織で最大規模を誇る警視庁では唯一、公安部が独立しており、国内を担当する公安1~4課と、テロ組織や国際犯罪組織を対象とする外事1~3課などに分類。その他の道府県警では警備部に公安課が設置されています。

公安警察は世の中の秩序の維持が使命です。事件が発生してから捜査を開始する刑事警察とは違い、事件が発生する前に抑止するのが目的なので捜査手法が異なります。例えば、政治団体によるデモなどの集会や監視対象の建物周辺には私服の公安警察が必ず張っているほどです。

公安警察はイヤホンで見分けられる

さらに、調査対象とされている人物には数人の公安警察官がマークして徹底的に張り付きます。そして、そんな公安警察を見分けるポイントとなるのが、耳にかけている「Pチャンイヤホン」です。

Pチャンとは「ポリス・チャンネル」の略。Pチャンイヤホンとして使われているのはアシダ音響の「PR-17」です。警察無線のみならず、数多くのプロの現場で使用されている受信用イヤホンの代名詞ともいえる存在です。

Pチャンイヤホンは耳栓がシリコンゴム製なので、長時間の運用でも痛くなりにくい設計。音質が無線交信用に聞きやすくチューニングされています。耳の穴に入れる耳栓部分は交換部品が用意されていて、汚れたら交換可能。ベーシックモデルの実勢価格は2,000円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事