ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

速度取締り「ネズミ捕り」を察知する6つの方法

警察官が待ち伏せして速度違反を取り締まる「ネズミ捕り」は、速度測定方式で光電式とレーダー式に分けられます。いずれの方式でもネズミ捕りは「スピードの出やすい道路」で「現認係が隠れやすい場所」があって、違反車両を止めて「サインさせるスペースがある場所」であるのは共通。ネズミ捕りを察知する6つの方法を紹介します。


速度取締り「ネズミ捕り」を察知する6つの方法

ネズミ捕りで都心部は光電式が主流

都心部でよく行われるネズミ捕りは、光電式による取り締まりが主流。光電式は、3m間隔で設置された2つのセンサーを、前輪のタイヤが横切る時間差で速度を計測します。実際の光電式のネズミ捕りの流れを確認しましょう。

まずセンサー近くで待機する現認係は、ドライバーから見えにくい位置で待機します。ここで指定した速度よりも超過した車両が通過すると、現認係のヘッドセットで測定器の警報音が鳴って速度が点滅表示。現認係は車両のナンバー・車種などを停止係に無線または有線で連絡します。

その先に待機する停止係は、違反車両を止めたら駐車スペースへ誘導。ドライバーはサイン会場に移動すると印字された速度を見せられ、その場で違反キップにサインすることになります。おもに地方で猛威を振るう、レーダー式のネズミ捕りも流れはほぼ同じです。

このように、警察官が速度違反を待ち伏せて取り締まるネズミ捕りは、正確に速度測定が可能で、安全に違反車両を誘導できる場所が必要。おのずと道路形態も限られてきます。

ネズミ捕りは土日祝の午前中に注意

ネズミ捕りで狙われやすい道路形態として注意すべきは「アンダーパス・陸橋」です。また、道路沿いに不自然に置いてある「三角コーン」でもネズミ捕りは察知可能。三角コーンは光電式のセンサーを保護するために置かれているのです。

このほか「対向車のパッシング」はネズミ捕りを事前に察知する方法としてよく知られています。反対車線を走行してきたクルマが、その先で行われているネズミ捕りを教えてくれるわけです。

また、ネズミ捕りは「警察の公開取り締まり情報」でも察知可能。警察公式サイト・ローカル紙などにはネズミ捕りの実施日が掲載されることもあります。警視庁などは「◯◯通り ◯丁目付近で実施」と大まかな場所をホームページで公開中です。

さらには「土日祝日の午前中や交通安全週間」はネズミ捕りに要注意。行楽に出かける車両が狙われます。Twitterでの情報収集もネズミ捕りの察知に活用可能。「#ネズミ捕り」で検索すると、リアルタイムでネズミ捕り情報が見つかります。

■「ネズミ捕り」おすすめ記事
警察のネズミ捕りを事前に察知する4つの情報源

■「速度違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービスの主流「LHシステム」は赤色灯が目印
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
新型オービス対応のレーダー探知機は何が違う?
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
Nシステムは通過車両のナンバーを撮影し続ける
レーダー探知機のおすすめを比較テストで選ぶ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事