ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反にならない「ながらスマホ」の範囲は?

最近は減少傾向にある「ながらスマホ」の取り締まりですが、それでも全国で年間30万人を超える人が取り締まりで違反キップを切られいます。しかし、「携帯電話等使用違反」に分類される「ながらスマホ」は、運転中にスマホを使うだけですべてが交通違反なるわけではありません。ながらスマホはどこまでの使い方までセーフなのでしょう。


交通違反にならない「ながらスマホ」の範囲は?

ながらスマホはハンズフリーはセーフ

スマホなどを運転中に使用する「ながらスマホ」の交通違反である「携帯電話等使用違反」は、大きく分けて「使用違反」「危険違反」の2種類に分類されます。このうち、使用違反は2つの操作が該当し、1つはスマホなど無線装置の本体を手に持ち通話を行うものです。

本体を手に持つことが違反の条件となるため、スマホをダッシュボードなどに固定し、自動車のハンズフリー機能を利用して通話をすれば違反になりません。また、CarPlayやAndroid Autoでカーナビと連動させたうえで、音声認識で操作するケースも同様です。

また、トラックやタクシーに搭載される業務無線機やアマチュア無線機も、本体が自動車に固定されていてハンドマイクで通信するモービル機であればセーフ。ただし、ハンディ機の本体を手に持ち通信すると交通違反になります。

携帯電話等使用違反のうち、使用違反にあたるもう1つの操作は、車内にある「画像表示用装置」を「注視」するというもの。こちらは手に持つという条件がないため、スマホやハンディのカーナビだけでなく、据え置きタイプのカーナビも画面を注視すれば違反です。

ながらスマホを注視で取り締まる範囲

ただし、「画像表示用装置」のうち、スピードメーターやバックモニターやアラウンドビューモニターといった、自動車の安全を確認するためのものは対象外。つまり、バックモニターを見続けながらバックしても違反にはなりません。

ここで気になるのは、携帯電話等使用違反にあたる「注視」とは、どのぐらい画面を見続けると該当するのかという点です。実は、「注視」の範囲についてはっきり法令で定められていないため、ながらスマホを取り締まる現場警察間の裁量によるところが大きいといえます。

一方、携帯電話等使用違反のうち「危険違反」については、スマホの操作などが交通事故の原因につながった際に適用されるものです。使用違反と危険違反を取り締まり件数で比較すると、2020年の場合。使用違反が30万8954件なのに対し、危険違反は104件と使用違反が圧倒的に多くなっています。

なお、携帯電話等使用違反に関する違反の点数は危険違反が6点で、赤キップの違反となり略式を含む裁判を受ける必要があります。一方、使用違反の点数は3点となり青キップで済みますが、反則金は普通車1万8000円と青キップの違反としては高い部類です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事