ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

可搬式オービス取り締まりに警官が立ち会う理由

オービスによるスピード違反の取り締まりは、簡単に移動できない固定式のオービスから移動可能な可搬式に主力が移りつつあります。可搬式オービスは、幹線道路だけでなく生活道路でも目撃されていますが、固定式オービスによる取り締まりと大きく異なることとして、取り締まり現場に警察官が立ち会うケースがほとんどなのです。


可搬式オービス取り締まりに警官が立ち会う理由

可搬式オービスには警官が立ち会う

可搬式オービス最大の特徴は、オービス設置場所を自由に移動可能という点です。これまでの固定式オービスは、道路に大がかりな建設工事を行った上で設置されるため、簡単に場所を移動できませんでした。

一方、可搬式オービスの場合、取り締まりを行う日に現場へ持ち込み設置するため、ドライバーが事前に設置情報を覚えておくといった対策が難しくなります。

可搬式オービスによる取り締まりの特徴として、取り締まり地点には警察官が立ち会う点が挙げられます。ネット上には、数多くの可搬式オービスによる取り締まり動画が公開されていますが、そのほとんどに取り締まりを行う警察官が映り込んでいるため、原則的に警察官立ち会いの元に行われていると考えてよいでしょう。

可搬式オービスが無人化される可能性

警察側は、可搬式オービスによる取り締まりに警察官が立ち会うことについて、その理由を明らかにしていません。とはいえ、可搬式オービスでスピード違反を取り締まるためには、その設置や撤収作業がそのたびに発生するため、立ち会うかどうかと関係なく警察官が出動する必要があります。

また、警察官立ち会いのもとにスピード違反を取り締まることで、取り締まり時の証拠として警察官による目撃情報を追加することも可能。さらに、取り締まり地点によってはスピード違反車を発見した場合、現場で側道などへ誘導。そこで違反切符を切るというネズミ取り(定置式)と同様な運用も行われています。

しかし、警察庁が可搬式オービスを導入する際に作成された資料には、導入理由の説明文内に「現場に警察官の配置が不要であることから、警察官の街頭活動が希薄となる深夜、早朝の取締りに効果的である」という記載があります。このため、現在は警察官立ち会いのもと行われる可搬式オービスも、無人化される可能性は残るのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事