ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

移動式オービスにも対応する検知アプリの選び方

レーダー探知機が手元にない時に、頼りになるのがオービス検知アプリです。基本的にはあらかじめ登録されているオービスの地点情報と、スマホのGPS位置情報で警告を出す仕組み。オービスの地点情報は更新されるため、最新の移動式オービスにも対応できるのです。おすすめオービス検知アプリを紹介します。


スポンサーリンク
移動式オービスにも対応する検知アプリの選び方

オービス警報は移動式にも対応

「オービス警報」は、2017年度版のデータのオービス、Nシステム、取り締まりポイントの合計6,597か所を収録。アイコンや警報画面にて、オービスの存在を知らせてくれるアプリです。新型の移動式オービスにも対応しています。

このオービス検知アプリはオービスの約1km手前くらいから警告を開始。画面上部が赤くなるので視覚的にも分りやすい設計です。地図上の各アイコンをタップすると、オービスの詳細情報が見られます。

設定はシンプルで、オービス・取締りポイント・Nシステムの警告のオン/オフ、高速道路と一般道の切り替えが可能。バックグラウンドでも起動できるため、他のカーナビアプリと併用できます。Android版は250円、iPhone版が360円です。

移動式の新型オービス対応アプリ

「早耳ドライブ」は、移動式の新型オービスにも対応する無料のオービス検知アプリ。ユーザー投稿型なので、アプリのバージョンアップ無しで絶えず情報が更新されます。ネズミ捕り・交通事故・路面の環境・火災をリアルタイムで知らせてくれます。

オービス検知は一次警告はブザー、二次警告は音声で知らせてくれる仕様。地図上のアイコンをタップすると、実際の設置状態を写真などでチェックできます。表示・警告する取り締まりの種類を細かく設定できるのが特徴です。

このほか無料の「Yahoo!カーナビ」もオービスを検知します。スピード注意情報として、オービス設置地点が「SLOW」と表示される仕組みです。実際、埼玉県北本市と岐阜県大垣市に設置された、新型の移動式オービスについても対応済みでした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事