ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

移動式オービスの速度測定ポイントは「30m手前」

レーザーで速度測定する移動式オービスによるスピード取り締まりが全国に広がっています。警視庁でも、2018年7月より移動式オービスによる取り締まりをスタート。2020年1月には長崎県内で初めて、レーザー式の移動式オービスを使った取り締まりが実施されました。レーザー式の移動式オービスの速度測定ポイントについて見ていましょう。


移動式オービスの速度測定ポイントは「30m手前」

移動式オービスの速度測定はレーザー式

レーザー式の移動式オ-ビスの速度測定とは、従来の「レーダー・ループコイル・光電管」という3つの方式に加えて、新たに登場した速度測定方式のことです。その名の通り、レーザー照射により移動式オービスは走行車の速度を測定します。

レーザー式の移動式オ-ビスの速度測定は、三脚にカメラを乗せた可搬式(LSM-300など)や台座に固定された半可搬式(LSM-300HK)などで導入。このほか、大阪・枚方などに設置された一部の固定式オービスの速度測定にも採用されています。

レーザー式の移動式オービス「LSM-300」の場合、驚くべきことに路肩から照射されるレーザーは、二車線の道路をカバーすること。移動式オ-ビスの速度取り締まりは、追い越し車線を走行していないからと安心できません。

移動式オービスが速度超過を判定する

そして、移動式オービスが走行車両を検知し始めるのは約70m手前。移動式オービスの速度超過の判定は手前25~30mの間です。そして、移動式オービスが違反車両を撮影する距離は20m手前。移動式オービスが光るタイミングです。

現在、オービスの存在を事前に知らせるレーダー探知機にはレーザー対応モデルが登場しています。レーザー対応のレーダー探知機は、レーザー式の移動式オービスの車両検知区間の手前でレーザーを捕らえて、ドライバーに注意を促す仕組みです。

それらの多くは、移動式オービスの車両検知区間となる70m手前より早く、150~200m手前からレーザーを受信してドライバーに注意を促してくれます。ただし、先行車や遮蔽物がある場合は移動式オービスの検知が遅くなることもあります。移動式オービスには余裕を持って、いつも安全運転を心掛けるようにしましょう。


移動式オービスが光る速度は青キップも対象

移動式オービスの速度違反は何キロオーバーから取り締まられるのでしょう。すなわち、移動式オービスは何キロオーバーで光るのでしょうか。これまでのオービスによる速度違反は、略式を含む裁判が必要な赤キップに該当する違反に限られるといわれてきました。

速度違反が反則金で済む青キップではなく赤キップで取り締まられるのは、一般道であれば時速30キロ以上、高速道路については時速40キロ以上が相当します。これがオービスによる速度取り締まりの目安でした。

しかし、この原則も移動式オービスの速度違反では崩れつつあり、青キップで取り締まられるケースも登場しています。現在、青キップで移動式オービスが取り締まるのは制限速度30キロの生活道路に限られ、50キロの走行でも十分に危険です。

移動式オービスが光る速度がわかる動画

オービス情報で定評のあるWebサイト「オービスガイド」では、Youtubeチャンネル「オービスガイド全国調査員」も開設。そこで紹介されている動画に、実際に首都高速で移動式オービスが光る取り締まり状況を収めたものがあります。

「【検証】移動式オービスはどのくらいの速度で光る?首都高速【ノーカット】」というタイトルの動画は、首都高速都心環状線で行われていた移動式オービスの取り締まりを沿道から撮影したもの。移動式オービスが光る様子を二度、見ることができます。

移動式オービスが光るこの動画が親切な点は、取り締まりと合わせ、同じ地点で警視庁が首都高速で行った速度抑止の様子も見ることができる点。速度抑止とは、パトカーが制限速度以下で2台併走することにより、他のドライバーも制限速度以上で走れなくするといった効果を目指しています。


移動式オービスが光る速度30キロ超

速度抑止のパトカーが動画上に映し出されていたのはおよそ5秒ほど。一方、移動式オービスが光る自動車は3秒前後で同じ区間を走行しているため、制限速度のおよそ1.6倍程度で走行していたと考えられます。ちなみに、首都高速都心環状線の制限速度は時速50キロです。

すわなち、移動式オービスが光る速度は制限速度の30キロオーバーと推測されます。これまで固定式オービスなどが光る速度は、赤キップに相当するスピード違反といわれてきました。高速道路や自動車専用道路であれば、制限速度の40キロオーバー以上。一般道であれば制限速度の30キロオーバー以下です。

もともと移動式オービスは、通学路など生活道路での事故対策として導入された経緯があります。このため、移動式オービスが光る速度は青キップに相当するスピード違反も含まれると噂されていました。

■「移動式オービス」おすすめ記事
移動式オービスの光る様子がわかるYoutube動画
移動式オービスを200m手前で察知した最新モデル
移動式オービスは夜間も複数車線を同時測定する

■「オービス」おすすめ記事
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影

■「速度取締り」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事