ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホの接触不良イヤホン端子を自力で交換した

軽量・コンパクトでいまだに根強い人気がある2014年発売のソニーのスマホ「Xperia Z3 Compact」。本体が非常にスリムなこともあり、イヤホンや充電ケーブルの接触不良が起きているジャンク品がよく出回っています。デジカメや携帯音楽端末に再利用するため、スマホのイヤホン端子を自力で交換してみました。


スポンサーリンク
スマホの接触不良イヤホン端子を自力で交換した

スリムなスマホは接触不良が発生

Xperia Z3 Compactはスリムなスマホなこともあり、イヤホンや充電ケーブルの抜き挿しの衝撃がダイレクトに伝わってしまうようです。このため、位置がズレてイヤホンや充電ケーブルの接触不良が発生。携帯音楽端末として使っていて、音楽が聞きづらかったり充電の調子が悪い時は本体を開けてみましょう。

Xperiaのイヤホンジャックの交換パーツは純正だと22,000円ですが、OEM品がAmazonで2,000円ほどで入手可能。なお、イヤホンジャックの交換にはバッテリーも取り外す必要があるので、ついでに交換してもいいでしょう。

修理に必要なパーツは「Xperia Z3コンパクトミニの近接センサケーブル」(2,020円)と「Xperia Z3 Compact液晶パネル専用接着テープセット」(420円)です。

接触不良の嫌補端子を自力で交換

スマホのイヤホン端子を自力で交換する手順は、まず背面パネルと本体の隙間にピックを挿し込んで両面テープを剥がします。続いてプラスチックフレームのネジを6本除去してフレームを外してください。充電ケーブルは、この時点で位置を修正して接触不良が直りしました。

イヤホンジャックの交換にはバッテリーの取り外しが必要です。バッテリーの下部に専用ピックを入れて剥がします。基板2か所のビスを外して基板を持ち上げ、イヤホンジャックを専用のツールで外してください。

交換用のイヤホンジャックをセット。あとは液晶パネル専用接着テープで、背面カバーを付ければ完了です。携帯音楽端末として使い勝手が悪かった接触不良のイヤホン端子を自力で交換できました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事