ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

古いスマホを音楽プレーヤーに再利用するアプリ

古いスマホを音楽プレーヤーとして使いたい時、ネックになるのがストレージ容量。そもそもストレージ容量が少なくなって機種変更をしたという人も多いはずです。古いスマホはそのまま音楽プレーヤーとしては使えません。そこで、クラウド連携で古いスマホを音楽プレーヤー化するアプリを紹介しましょう。


スポンサーリンク
古いスマホを音楽プレーヤーに再利用するアプリ

古いスマホを音楽プレーヤーに使う

古いスマホを音楽プレーヤーとして使おうとした場合、8GB程度では物足りないケースがほとんど。そこで利用したいのがクラウドストレージを利用して古いスマホを音楽プレーヤー化できるアプリ「CloudBeats」です。

このアプリはDropboxなどクラウドストレージ上の音楽ファイルを直接再生できるので、古いスマホの容量不足に悩まされません。iOS番が600円、Android版が450円となっています。

CloudBeatsは、クラウドストレージ上に保存したMP3ファイルのストリーミング再生が可能。iTunesでの同期は不要です。CloudBeatsを起動したら、音楽ファイルを保存してあるクラウドストレージにログインします。

古いスマホを音楽スピーカーにする

すると、アップしているファイルが表示されるので、再生したいMP3ファイルをタップ。プレーヤーが起動して楽曲の再生が始まります。プレイリストの利用や、リピート・シャッフル再生も可能です。

スマホを音楽プレーヤーと使っていると、1台のスピーカーでは音量不足と感じることもあるでしょう。そこで試したいのが無料のマルチスピーカーアプリ「AmpMe」。複数のスマホを連携させ、同じ楽曲を同時に再生できるようになります。

近くのスマホをBluetoothでつないで同じ楽曲を出力。古いスマホを簡易的なBluetoothスピーカー代わりに使えます。大音量を出せるため、パーティーなどでも活躍すること間違いありません。App StoreとGoogle Playで入手可能です。

■「スマホ」おすすめ記事
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?
AbemaTVの録画をスマホでするなら「Mobizen」
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事