ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホの容量を圧迫しない音楽プレーヤーアプリ

スマホを音楽プレーヤー代わりにも使っていると、ネックになるのがストレージ容量。特に古いスマホを使っている場合、16GB程度では物足りないと感じている人が多いでしょう。そこで活用したいのが、スマホのストレージ容量を圧迫しない音楽プレーヤーアプリ「CloudBeats」になります。


スポンサーリンク
スマホの容量を圧迫しない音楽プレーヤーアプリ

クラウドの音楽ファイルを再生する

「CloudBeats」はクラウドストレージ上に保存したMP3ファイルを、ストリーミング再生できる音楽プレーヤーアプリです。「Dropbox」や「Google Drive」「OneDrive」などのクラウドストレージ上の音楽ファイルを直接再生できるので、スマホの容量不足に悩まされません。また、これならiTunesでの同期は不要です。

実際の使用方法は、CloudBeatsを起動したら音楽ファイルを保存してあるクラウドストレージにログイン。アップしているファイルが表示されるので、再生したいMP3ファイルをタップするだけです。

これでプレーヤーが起動して楽曲の再生が始まります。プレイリストの利用や、リピート・シャッフル再生も可能です。

複数のスマホで同じ楽曲を再生する

iPhone版もAndroid版も用意されていて、基本的には無料アプリとして使えます。ただし、音楽ファイルをダウンロードしてオフラインで再生するには有料版を使用する必要があります。

古くなったスマホを音楽プレーヤーではなく、スピーカーとして活用するならマルチスピーカーアプリ「AmpMe」を活用しましょう。複数のスマホを連携させ、同じ楽曲を同時に再生できるようになります。

実際の使用方法は、ホストとなるスマホでAmpMeを起動して、利用する音楽サービスと再生したい楽曲を選択。YouTubeやクラウドも選択できます。楽曲の再生が始まったら、ホスト側の設定は完了。古い端末でもAmpMeを起動し、ホストのスマホ端末を選びます。これで同じ楽曲が同時に再生。スマホがマルチスピーカーに早変わりします。

■「スマホ」おすすめ記事
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?
AbemaTVの録画をスマホでするなら「Mobizen」
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事