ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

浮気監視にスマホ写真のバックアップが使われる

スマホの写真を自動的にクラウド上にバックアップするサービスは数多くあります。この自動バックアップ機能が恋人の浮気の監視に使われているといいます。スマホの写真には位置データも残っているため、撮影場所も特定可能。自分のスマホのバックアップの設定はよく確認しておいた方がよいでしょう。


スポンサーリンク
浮気監視にスマホ写真のバックアップが使われる

スマホ写真をバックアップで転送

「Googleフォト」は容量無制限で写真を保存できるフォトサービスです。Googleフォトのアプリには、スマホで撮影した写真を自動バックアップする機能があります。撮影した写真を自動的にクラウド上に保存してくれるのです。

この自動バックアップ機能を利用して、こっそり特定のGoogleアカウントに変更しておくと、スマホで撮影した写真がすべてそのアカウントに送られてしまいます。写真には位置データも記録されているため撮影場所の特定も可能です。

ただし、Android端末から新しいGoogleアカウントのログインがあると、セキュリティ通知が届くようになっています。このため、恋人に「写真のバックアップの設定をしてあげる」といって設定する人が多いようです。

スマホ撮影の写真をバックアップ

実際に、Googleフォトのバックアップで写真を特定のアカウントに転送する手口を見ておきましょう。まずはGoogleフォトアプリを開いて、特定のアカウントを追加。アカウントを追加したら「設定の変更」をタップします。

「モバイルデータ通信を使用して~」にチェックを入れておけば、スマホで撮影するたびに特定のアカウントに写真がバックアップされるというわけ。常時バックアップできるようになります。

あとは監視用のスマホのGoogleフォトを、ターゲットのスマホに追加したアカウントで登録します。これでターゲットが撮影した写真が転送されてくるというわけ。ターゲットはバックアップしている写真が監視されているとは思いもよりません。

写真の位置データを確認するなら、下部の「i」マークをタップ。撮影場所が記録されていれば、マップにその場所が表示されます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事