ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEよりも秘匿性が高いアプリ「Telegram」とは

設定によりトーク内容が流出しやすく、運営会社による個人情報収集もあるLINEよりも、セキュリティの高いメッセージアプリを使うユーザーが増えています。そこで人気のメッセージアプリが「Telegram」。「Secret Chat」を使うとサーバに履歴が残らず、大人数でのグループチャットが可能なことが利点です。


LINEよりも秘匿性が高いアプリ「Telegram」とは

Telegramは多機能型メッセージアプリ

「Telegram」は世界的に利用者の多い、無料の多機能型メッセージアプリ。日本語版は無いので英語版を使うことになりますが、基本操作はすぐに覚えられるでしょう。PCでも利用可能です。

スマホアプリは英語版を使うことになりますが(イタリア語やドイツ語など対応)、簡単な英語なので理解しやすいでしょう。アカウント作成は電話番号とSMSだけでできる仕組みです。

Telegramは電話番号でアカウントを作成し、スマホの電話帳を参照してTelegramユーザーがいれば自動的に表示される仕組みです。Telegramの基本機能は「グループチャット」「シークレットチャット」「スタンプ」「チャンネル(大人数でのチャット)」「ファイル共有」「音声通信」「ビデオ通話」となっています。

Telegramはサーバにも保存されない

LINEの「トーク」画面に相当するのがTelegramの「Chats」。メッセージの履歴はすべて残せ、あらゆるファイルもクラウドベースで容量無制限で保存できます。しかも無料で使えて広告もありません。

普通のチャットでは、発言を後から削除しても相手の画面には履歴が残ります。その履歴ごと削除できるのが、Telegramの「シークレットチャット」です。運営者側のサーバにも保存されません。

Telegramのスタンプ(Stickers)は、種類は少ないもののすべて無料で利用可能。自作も可能で、ネットには日本人向けのものも公開されています。

Telegramユーザーだけで使う、大規模チャット(最大10万人)が「チャンネル」。記名式の「2ちゃんねる」のようなものでしょうか。仮想通貨関連の話題が多いのが特徴。「join」をタップして参加し、退出も自由です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。