ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アリバイ調査できる「Suica履歴アプリ」とは?

スマホはアプリ次第でスパイツールになりえます。NFC対応のスマホなら、交通系ICカードから行動履歴を抜き出すことも可能。Suicaには直近20件の利用履歴が記録されており、この履歴を簡単に読み込めるのです。パートナーの行動が怪しいと感じたら、Suica履歴アプリで調べてみましょう。アリバイ工作を見破れるかもしれません。


アリバイ調査できる「Suica履歴アプリ」とは?

Suica履歴アプリで読み出せるデータ

SuicaやPASMOなど交通系ICカードの利用履歴はこれまで、読み取り機とソフトがないとデータを読むことはできませんでした。それが今や、NFC対応スマホに「Suica履歴アプリ」があれば手軽に読み出せるのです。

NFC対応スマホの「NFC」とは、Suicaなどの交通系ICカードやタッチ決済に採用されている無線通信規格のこと。NFCに対応した機器同士を近づけると、データ通信ができる仕組みです。

このNFC対応スマホにSuica履歴アプリを入れるだけで、Suicaに記録されている利用履歴をさっと読み出すことが可能。Androidなら「Suica Reader」、iPhoneなら「マルチICカードリーダー」などのアプリで確認できます。

Suica履歴アプリからCSV形式で送信

Suicaの読み込みに用意する端末はNFC対応スマホ。iPhoneは7以降であれば、ICカードの内容を読み込めます。Suica履歴アプリをインストールしてSuicaにスマホにかざせば、アプリがデータを表示してくれるのです。

いずれのSuica履歴アプリも改札機の入出場履歴や自販機などの購入履歴が表示されます。利用した日付と路線、入場した駅と出場した駅がわかるので、そのまま行動履歴となっているわけです。

さらに、nanacoをはじめとしたICカードの利用履歴も表示可能。パートナーなどの無駄遣いの証拠集めにも使えるかもしれません。表示できるのは直近20件ですが、送信機能を使えばCSV形式で保存して少しずつ履歴を蓄えることも可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事