ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

探偵がLINEのトーク履歴を盗む手口とその対策

手軽な連絡手段として多くの人が使っているLINEは個人情報の宝庫。家族とのプライベートな会話から見られたら厄介なメッセージまで、いろいろなトーク履歴が詰まっています。このため、LINEのセキュリティ設定は万全にしておきたいところ。探偵がLINEのトーク履歴を盗む手口とその対策を見ていきましょう。


スポンサーリンク
探偵がLINEのトーク履歴を盗む手口とその対策

LINEのトーク履歴を動画で撮影

老若男女問わず使われているLINEは、秘密の連絡にも使われるもの。LINEのセキュリティ設定を甘いまま放置しておくと、危険なトーク履歴を垂れ流すことになります。LINEのトーク履歴で浮気がバレたという話を聞いたことがあるはずです。

実際、探偵などが行う浮気調査ではLINEのトーク履歴を別のスマホで動画で撮影。こうすればターゲットに気づかれることなく、LINEの秘密のやり取りを記録することができるのです。

また、LINEのトーク履歴はテキストファイルとしてメール送信が可能。トーク画面右上のメニューから「設定」から「トーク履歴を送信」を選べばメールで送信できます。送信履歴を削除すると証拠が残りません。

こうしたLINEのトーク履歴の盗み見を防ぐためにも、スマホのロックとは別にLINEにパスコードをかけてセキュリティ対策するのはマスト。LINE自体にもロックをしておけば、万が一スマホのロックが突破されてもLINEは保護されることになります。

LINEのトーク履歴を選んで削除

ロックのパスコードは4ケタ。スマホとは別のパスコードにしましょう。また、iPhoneの場合はTouchIDやFaceIDによる認証が可能。ロック解除の手間がかからないので、有効にしておいた方がよいでしょう。

他人に見られると厄介なメッセージをLINEでやり取りした時は、トーク履歴を即座に消しておくことも大切なセキュリティ対策。LINEはピンポイントでトーク履歴を削除できます。トーク履歴をすべて消すわけではないので安心です。

トーク履歴をピンポイントで削除するなら、トーク画面の右上メニューから「トーク編集」を選択して「メッセージを削除」を選びます。削除したいメッセージにチェックを入れて「削除」をタップすればOKです。

LINE誤爆のセキュリティ対策もしておきましょう。トークルームの壁紙は、メニューで「設定」→「背景デザイン」で変更できます。重要な相手のトークルームは背景を変えて視覚的に分かりやすくしておけば、誤送信も防げるというわけです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事