ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フェイクアルバムが作れる写真管理アプリとは?

スマホのロック機能を過信してはいけません。何らかの方法でロックが解除され、不正利用される可能性はゼロではないでしょう。そこで、絶対に他人に見られたくない写真は、専用アプリを使って特別な場所に隠しておくのが安全です。そこで、フェイクアルバムに写真を振り分けて、二重、三重で秘密の写真を隠す方法を紹介しましょう。


フェイクアルバムが作れる写真管理アプリとは?

多機能な写真管理アプリとして有名

ダウンロード機能も備えた、多機能な写真管理アプリとして有名なのが「iSafePlay」です。App Store、Google Playで無料で入手できます。

この写真管理アプリの最大の特徴は、公開用とプライベート用の2つのアルバムを、それぞれパスワード付きで設定できることです。

公開用には当たり障りのない写真をあらかじめ入れておくことで、もしもの時にフェイクアルバムとして利用できるというわけ。パスワード付きのアルバムがまさか公開用のフェイクアルバムと見抜ける人は少ないでしょう。

写真管理アプリでフェイクパスを設定

この写真管理アプリではまず、プライベート用アルバムを開く「パスコード」、公開用アルバムを開く「フェイクパス」をそれぞれ設定します。アプリ起動時にパスコード、あるいはフェイクパスを入力。初回はパスコードでアプリを開いてください。

右上の「+」をタップしてフォルダを作成し、写真の公開範囲を設定します。「Public」「Private」「secret」の3種類から選択可能です。

フェイクパスでアプリを開くと「Public」フォルダが表示。パスコードで開くと「Private」フォルダが表示される仕組みです。「Private」表示で画面を下に引っ張ると「Secret」表示に切り替わります。(文/中谷仁)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事