ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

危険なアプリがあるか「Playプロテクト」で確認

Andoroidスマホでは、Google Playで提供されるアプリのほかに、独自に配布するアプリも数多く流通しています。独自配布アプリは、通常は勝手にインストールされることはありませんが、ごくまれに悪質なアプリが勝手に仕込まれるケースも報告されています。こうした危険なアプリがインストールされていないか調べる方法を紹介しましょう。


危険なアプリがあるか「Playプロテクト」で確認

勝手にAndroidアプリがインストール

Androidスマホ用のアプリは、通常はGoogle Playで公開され、そこからダウンロードしてインストールします。しかし、Google Playではなく独自サイトなどで公開されているアプリもあり、そのなかには便利なサービスを提供するものも存在しています。

一方、iPhoneではApp Store以外で配布されるアプリを利用するには「脱獄」といわれるOSの利用権限を変える特殊な作業が必要です。その意味で、AndroidスマホはiPhoneよりも使い方の自由度が高くなる一方で、危険なアプリが入り込むスキが多いともいえるでしょう。

Androidスマホで独自配布アプリをインストールしようとすると、通常はアプリをインストールしてよいか、アプリの権限設定の確認など何ステップかの手順が必要です。しかし、過去にはPlay Storeで配布されたアプリが勝手にさまざまな独自配布アプリをインストールしてしまうといった事件も起きています。

Playプロテクトでアプリをチェック

独自アプリをどうしても利用したいというわけでなければ、そもそも独自アプリをインストールできない設定にするのが確実です。そのための機能として、Androidスマホ向けには標準ツールとして「Playプロテクト」が用意されています。Playプロテクトは、設定画面内の「セキュリティ」内でON/OFFを指定します。

PlayプロテクトをONにすると、Androidスマホにインストールされたアプリを定期的にチェック。独自配布アプリなどのインストールを発見すると警告画面が現れるので、アンインストールを選べばその場でアプリを削除できます。

さらに、Androidスマホには位置情報の通知やカメラの自動起動などの機能ごとに、各アプリが利用できるかを確認する「権限マネージャー」というアプリがあります。このアプリは設定画面内の「プライバシー」「セキュリティ」から起動可能で、アプリ別に権限を無効にすることもできます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事