ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneボイスメモ文字起こしでありがちの間違いとは?

資料作りで苦労するのが録音した音声のテキスト文字起こし作業。PCに向かってキーボードで録音音声を文字起こししても、入力スピードには限界があります。そこで活用したいのが音声をiPhoneで文字起こしする機能。iPhoneはしゃべった音声を自動で文字起こしてテキスト化してくれます。ただし、iPhone文字起こしはボイスメモでなく音声録音から。iPhone文字起こしをボイスメモからテキスト化する方法も紹介します。


iPhoneボイスメモ文字起こしでありがちの間違いとは?

iPhoneはボイスメモ文字起こしではなく音声文字変換

スマホの普及で、現代の学生らはPCのキーボードのブラインドタッチが苦手だといいます。そこで、彼らが文字起こし変換に利用するのがiPhoneのフリック入力…と思いきや、それすらも使わないのが今のトレンドです。

なんと文字起こし変換をiPhoneのボイスメモでなく音声録音で行っているといいます。録音した音声を聞きながら、それをiPhoneに向かってブツブツしゃべるだけで、自動で文字起こし変換が完了するというわけです。

驚くべきはiPhone文字起こし変換の精度の高さ。iPhoneボイスメモ文字起こしでない音声文字変換は、ちょっと早口でも難なく聞き取ってテキスト化してくれます。文中の「、(テン)」や文末の「。(マル)」、さらには「!(ビックリマーク)」なども、iPhoneボイスメモ文字起こしでない音声文字変換は認識可能です。

iPhoneボイスメモ文字起こしでない音声文字変換は録音

iPhoneボイスメモ文字起こしでない音声文字変換には、標準のボイスメモではなくメモを開いてキーボード下部にあるマイクボタンをタップするだけ。すなわち、iPhoneボイスメモ文字起こしでない音声文字変換は「メモ」アプリを使います。あとはマイクに向かって、テキストを読み上げていけばiPhoneボイスメモ文字起こしでない音声文字変換となります。

実際にiPhoneボイスメモ文字起こしでない音声文字変換を試してみると、漢字の変換はパーフェクト。iPhoneボイスメモ文字起こしでない音声文字変換で、明らかな間違いは助詞の「に」が抜けてしまった1か所だけ。iPhoneボイスメモ文字起こしでない音声文字変換は資料作りにも使えるレベルでした。

Androidスマホでも音声録音による文字起こし変換を試してみましたが、こちらは長文の聞き取りがかなり苦手。Androidの音声録音による文字起こし変換は、2行以上の長文になるとフリーズして検知されなくなってしまいます。音声録音による文字起こし変換はiPhoneの方が向いているようです。


iPhoneボイスメモ文字起こしには別途アプリを用意する

なお、「メモ」アプリによるiPhone音声文字起こし変換と誤解されがちなのが「ボイスメモ」アプリです。ボイスメモは、あくまでも音声を録音するためのボイスレコーダーアプリなのでiPhone音声文字起こし変換機能は搭載されてません。

このため、iPhoneのボイスメモに音声を録音しても文字起こしは不可能。もしiPhoneのボイスメモに録音したデータを文字起こししたい場合は別途、文字起こしツールやアプリを利用する必要があります。

その意味で、iPhoneの精度の高い音声文字起こしを使いたい場合はボイスメモでなく「メモ」アプリを使うことを忘れないようにしましょう。iPhoneボイスメモ文字起こしでなく、メモアプリで音声文字変換します。

iPhoneボイスメモ文字起こしにGoogleドキュメント利用

iPhoneでボイスメモを文字起こししたい場合、自動文字起こしアプリ「Notta」やクラウド文字起こしツール「SACSCRIBE」など、ボイスメモ以外のサービスやアプリを利用する必要があります。iPhoneでボイスメモを文字起こしできるNottaもSACSCRIBEも、いずれも有料サービスです。

また、iPhoneのボイスメモ文字起こしには、録音データをパソコンに転送してGoogleドキュメントの文字起こし機能を使うという方法もあります。いずれにしても、iPhoneのボイスメモに文字起こし機能はありません。

このほか、iPhoneボイスメモ文字起こしするために「Speechy」というアプリを使う方法もあります。iPhoneボイスメモ文字起こしする方法は、該当ファイルをSpeechyに共有。起動したら再生のマークをタップすれば、iPhoneボイスメモ文字起こしできます。


iPhoneボイスメモ文字起こしでなくLINEでテキスト抽出

iPhoneボイスメモ文字起こしでなく、LINEでテキスト抽出する方法もあります。LINEのトーク画面の左下にはカメラのアイコンがあり、ここからLINEのカメラを起動して「撮影→送信」できる便利な機能です。ここで注目したいのが、シャッターボタンの下にある「文字認識」という、iPhoneボイスメモ文字起こしとは違う機能の撮影モードになります。

iPhoneでLINEのカメラ起動して撮影モードを「文字認識」に設定して撮影をすると、その画像内に映り込んでいる文字を検出して、自動で文字起こししてテキスト変換してくれるのです。

さらに、iPhoneからLINEの右下のカメラロールをタップすれば、スマホ内に保存した画像から文字起こししてテキスト変換することも可能。さらには、iPhoneのLINEではトーク画面で友達から送られてきた画像を開いて、右上の「A」のアイコンをタップすることでも同様に文字起こしテキスト変換機能が利用できるのです。

iPhoneボイスメモ文字起こしでありがちの間違いとは?

iPhoneボイスメモ文字起こしでないLINEは翻訳までする

気になるLINEによるiPhone文字起こし精度ですが、たまに英語や韓国語に変換されるなどのミスがあるものの、90%くらいは正確にテキスト化できている印象です。LINEによるiPhone文字起こしは、全文ではなくテキスト変換したい文字だけをタップして選択できるのも便利でしょう。

LINEによるiPhone文字起こしで変換したテキストは「シェア」ボタンを押すとLINEのトーク画面でそのまま送信できますし、「コピー」を選択すれば他のアプリでペーストして利用できます。

さらには、iPhoneボイスメモ文字起こしでないLINEのテキスト変換は翻訳機能を備えているのも大きなポイント。iPhoneボイスメモ文字起こしでないLINEのテキスト変換の翻訳機能は日本語だけでなく、英語・中国語・タイ語・インドネシア語・韓国語の検出にも対応しており、それらを日本語に翻訳することもできるという万能ぶり。iPhoneボイスメモ文字起こしでないLINEのテキスト変換の翻訳機能は、英語学習に活用したり、中国語の取り扱い説明書を翻訳したい時などにも役立ちそうです。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneアナライザー2でLINEのトーク履歴を解析
iPhoneの指紋認証をロック解除する最新手口
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
クローンiPhoneの作り方を実際に検証した結果
無音カメラでiPhoneカメラ機能をパワーアップ
iPhoneのウラ技でアンテナ表示を数字に切り替え
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能
iPhoneの写真は削除したつもりでも復元できる

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

  • YouTube広告ブロックをiPhoneで体験する方法
    YouTube広告ブロックをiPhoneで体験する方法
  • オリジナルブルーレイをDVD変換で書き込む方法
    ブルーレイをDVD変換してディスクに書き込む方法
  • ボイスレコーダー&文字起こしアプリの精度は?
    ボイスレコーダー&文字起こしアプリの精度は?
  • スマホを人に貸して中身を勝手に見られない設定
    iPhoneを貸してもアプリ切替えできない安心設定

  • オススメ記事

    盗撮犯罪で逮捕される事件急増!自分の身を守る方法

    盗撮犯罪は年々増加傾向にあります。警察庁によると、2021年の盗撮行為による検挙件数は5019件で過去最多を更新。盗撮犯罪は1930件だった2011年から10年間で2倍以上に増えたことになりま[…続きを読む]

    盗聴器の見つけ方!アプリや発見機の使い方も解説

    テレビ番組の盗聴特集などを見て、自宅に盗聴器が仕掛けられていないか気になった人は多いでしょう。盗聴器の見つけ方は、そんなに難しいものではありません。そこで、盗聴器の見つけ方をいくつか紹介しまし[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]




    目次