ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneのディスプレイとバッテリーを自力で交換

iPhone6以降のモデルは丸みを帯びたデザインになり、落としやすくなりました。場合によっては、一発でディスプレイが割れることも。そんな不幸な端末がヤフオク!には大量に出品されています。ここでは、ディスプレイを2千円程度の代替品と交換し、ついでにバッテリーも互換品に変えましょう。


iPhoneのディスプレイとバッテリーを自力で交換

iPhone交換用パネルにパーツ取り付け

iPhone修理に必要なパーツはCWXの「iPhone6 4.7インチ修理用フロントパネル」で、価格は2,199円。ツールセットが付属します。iFactoryの「iPhone6バッテリー 交換 PSE準拠」の価格は1,480円。容量は1810mAhです。

ディスプレイが壊れたといってもiPhoneは音楽プレーヤーやカメラ代わりにまだまだ使用可能。iPhone交換用のフロントパネルには、ホームボタンとフロントカメラ、それらを接続するケーブルが含まれていません。

なのでiPhoneのディスプレイ交換では、元のiPhone端末からホームボタンなどを移植することになります。本体を開けて必要なパーツを取り出し、交換用パネルに取り付けるのです。最後にバッテリーを交換します。

付属ピックでiPhoneのパネルを開ける

本体下部の特殊ネジを2本外し、付属のピックを液晶ディスプレイと本体の隙間に差し込んで本体パネルを開けます。フロントカメラとホームボタンを外し、交換用のパネルに取り付け。パーツを付けたら、最後に金属プレートを移植して完成です。

バッテリーの交換はまずネジを外し、バッテリー端子を固定しているプレートを取り外します。バッテリー底面の両面テープを引っ張り、接着用のテープを剥がしてバッテリーを外します。

端子をはめ、プレートを戻したら通電確認してからパネルを元に戻します。これで出来上がり。iPhoneのディスプレイとバッテリーを自力で交換することができました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事