ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneのマズイ写真は「完全削除」しないと危険

iPhoneの写真を誤って削除してしまった経験は誰でもあるず。そこで、スマホの写真を復元させる方法を紹介しましょう。iPhoneはiOS8以降には削除した写真を復元する機能が追加されています。すなわち、iPhoneはマズイと思って削除したつもりの写真が実際には消えていないということ。復元されると見られる危険があります。


iPhoneのマズイ写真は「完全削除」しないと危険

iPhoneの写真が完全削除される日数

iPhoneには、削除した写真を復元させる機能がiOS8以降に追加されています。iPhoneで削除した写真を復元する方法は、iPhoneの「写真」で「アルバム」を選んで「最近削除した項目」を選択します。

じつは、30日以内に削除した写真ならここに残っているのです。実際に見てみると、消したはずの写真が一覧されるのでドキッとする人もいるでしょう。復元したければ、写真を開いて右下の「復元」から「写真を復元」を選べばOKです。

また、一覧されている写真すべてを復元する場合には、右上の「選択」をタップしたあと、左下に表示される「すべて復元」を選択します。このようにiPhoneは削除した写真を復元できるのです。それそれの写真には完全に削除されるまでの日数が表示されています。

iPhoneの写真を完全削除する方法

iPhoneで削除した写真が復元できる機能を知らない人にとっては寝耳に水。他人に見られるとマズイと思って削除した写真が、完全には消えていないということです。写真を復元させたくない場合は「完全削除」しておく必要があります。

iPhoneの写真を完全削除する方法は「最近削除した項目」で右上の「選択」から写真を選択して左下の「削除」をタップ。「写真を削除」を選択して完全削除できます。「選択」タップ時に左下に表示される「すべて削除」でも完全削除可能です。

なお、Androidスマホで写真を復元するなら、データ復元アプリを使うのが便利でしょう。無料アプリ「消した画像を復元」は簡単な操作で1度消してしまった写真を復活できます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事