ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カセットテープ

日立マクセルの音楽用カセットの代名詞が「UD」

オランダのフィリップス社が開発したカセットテープが日本で輸入販売されたのが1965年。翌1966年から日本のメーカーも続々と製造に参入することになります。国内では、日立マクセルが他メーカーに先[…続きを読む]

いますぐ買えるラジカセとカセットテープとは?

カセットテープ人気がじわじわと再燃している今、テープで音楽を聞きたくなったけど、ラジカセもカセットテープも捨ててしまったという人は多いハズ。そこで、いますぐ買えるラジカセとカセットテープの現行[…続きを読む]

懐かしのソニーの歴代カセットテープを振り返る

カセットテープの爆発的な普及につなげた立役者は間違いなくソニー。カセットテープ以外にも、ウォークマンなどのハードを普及させた功績も大きいでしょう。プラケースやデザイン、音質などは常に最先端を走[…続きを読む]

日立マクセルがカセットテープを作り続ける理由

2016年、カセットテープを販売する日本で唯一の大手メーカー・日立マクセルが、同社の代名詞的カセット「UD」のデザイン復刻版を発売。大きな話題となりました。カセットの販売減少とともにメーカー各[…続きを読む]

カセットテープの内部構造とメンテナンスの方法

カセットテープが見直されている今、押し入れに眠るカセットテープを取り出して、ラジカセで再生してみようという人も多いはず。そこで、ラジカセの電源を入て再びカセットテープを動かす前にチェックしてお[…続きを読む]

カセットテープは本当に流行しているのか?

2015年、東京中目黒に音楽マニアから「カセット天国」と言われるミュージックカセット専門店「waltz」が開店しました。そこで、海外からも注目される同店代表の角田太郎氏に、カセットテープブーム[…続きを読む]

カセットテープの種類と日本の3大メーカーとは

1966年、国産初のカセットテープ「C-60」(日立マクセル)が発売されてから50年、より高音質を求めてさまざまな種類が開発・販売されてきました。LPレコードよりも高価な超高級品のカセットも登[…続きを読む]

人気が再燃中のカセットテープの歴史を振り返る

今、カセットテープが秘かにブームです。かつての王道メディアが、音質の暖かさやデザイン性などから見直され、再び注目されています。2016年は、日立マクセルから1970年代の不朽の名作「UD」カセ[…続きを読む]

カセットテープのデジタル化でUSBメモリ保存

手軽にカセットテープをデジタル化して、USBメモリとSDカードに保存できるのがYAMAZENのラジカセ「CBX-SU36」です。CBX-SU36は再生中の音楽をワンタッチでMP3ファイル化が可[…続きを読む]

カセットテープをデジタル化してSDカード録音

カセットテープは何度も再生していると次第に劣化して音質が悪くなってしまうもの。そこでカセットテープは問題なく再生できるうちにデジタル化しておきましょう。カセットテープのデジタル化には、SDカー[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]