ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スコープ

訪問者を大画面で確認できるドアコープモニター

宗教の勧誘や自称NHK集金人といった、不審な来客者の様子を撮影して証拠として残したい…。そんな時に役立つのが「ドアスコープモニター」です。室内から見える風景を液晶画面に映し出し、静止画または動[…続きを読む]

500m先の暗闇も明るく撮れる暗視スコープが登場

カメラ技術の進歩により、暗視撮影できるスパイカメラが増えてきました。比較的安価に手に入れることができ、室内などであれば申し分ない性能を持つモデルも存在します。しかし、あくまで補助機能であるため[…続きを読む]

暗視ライフルスコープは一式揃って4万円以下

SCSの「暗視ライフルスコープ」は、ライフルスコープの後部にカメラをセットするのも独特ならば、液晶モニターを取り付けるというスタイルも他にはない形。そして、スコープとカメラ、赤外線ライトなど一[…続きを読む]

暗視スコープが暗闇で目標物を映し出す仕組み

野鳥観察やサバゲーなど、用途に合わせて進化を遂げた、個性豊かな暗視スコープが続々登場しています。暗視スコープ(ナイトビジョン)とはその名の通り、暗い場所を見るために使用するツールです。暗視スコ[…続きを読む]

ドアスコープはカバーがないと覗き見される危険

玄関ドアはカギの強化など侵入対策はもちろんのこと、外から室内を覗かれるプライバシーの侵害も密かに発生している可能性があります。玄関のドアスコープはカバーがないと覗き見される危険があるからです。[…続きを読む]

古いスマホをドアスコープカメラとして活用する

カメラやモニターといった機能を備えたスマホは、そのまま監視カメラとしても活用することが可能です。新機種に買い替えて引き出しに眠っている古いスマホでも、カメラ性能は市販の監視カメラに見劣りしませ[…続きを読む]



暗闇を捕らえるデジタルナイトスコープの暗視度

夜行性動物の観察や夜間の証拠撮りに有効なのが「デジタル暗視スコープ」です。「AX-NV400B」は、業務用特殊高感度カラーセンサーを搭載し、わずかな光を増幅して鮮明なカラー撮影を可能にしていま[…続きを読む]

スマホ接続できる高性能暗視スコープの実力は?

本格的な暗視スコープとスマホがタッグを組むことで、より秘匿性の高い調査が可能になっています。暗視スコープにはCMOSセンサーに加え、完全な暗闇の中でも撮影可能なIRイルミネーターを搭載。そんな[…続きを読む]

400mの暗闇を映す第2.5世代相当の暗視スコープ

暗闇を映し出す暗視スコープは、第1~3世代まであります。第3世代は軍事用で、一般人では入手できません。民生用として手に入る最高レベルは第2.5世代相当のデジタル暗視スコープになります。最大40[…続きを読む]

1万円以下のオモチャ暗視スコープの性能は?

ウレタン製ソフト弾を利用した、アメリカ生まれのトイガン「NERF(ナーフ)」。20m以上の飛距離で、ショットガンから電動ガトリンガーまで多様なブラスター銃が揃う人気シリーズです。そのNERF用[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEの会話を探偵が盗聴する手口を見ていくとともに、それを防ぐ[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「デジタル式盗[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方を紹介しましょう。[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、LINEに既読がつかないのです。[…続きを読む]