ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1万円以下のオモチャ暗視スコープの性能は?

ウレタン製ソフト弾を利用した、アメリカ生まれのトイガン「NERF(ナーフ)」。20m以上の飛距離で、ショットガンから電動ガトリンガーまで多様なブラスター銃が揃う人気シリーズです。そのNERF用デジタル暗視スコープがこちら。オモチャと侮るなかれ。1万円以下で買えるオモチャ暗視スコープの性能を見ていきます。


1万円以下のオモチャ暗視スコープの性能は?

トイガン用のデジタル暗視スコープ

NERFの「モジュラスナイトビジョンスコープ」は、トイガン用のデジタル暗視スコープ。デジタルズーム機能を実装し、昼間はもちろん、7灯の赤外線LEDにより完全な暗闇でもターゲットを捕らえます。

デジタル暗視スコープ自体を赤外線カメラで撮影すると、レンズの周りに配置された赤外線LEDが発光していることが確認確認可能。トイガンにここまで必要なのか…と思われますが、夜行性の動物の観察などに最適でしょう。

実際のデジタル暗視スコープの画質を確認してみると、デイモードでは、最大5倍までデジタルズームアップが可能。光学ズームではないためドットが粗く、ブラウン管テレビを間近で見ているような画質の粗さになります。

暗視スコープは自動で赤外線が発光

ナイトモード(赤外線暗視モード)にすると、自動で赤外線が発光。真っ暗でも周囲が見えるものの、画質はデイモードよりさらに粗くなって見にくい印象です。

オモチャ暗視スコープを分解してみると、メイン基板(中央にGP327902のチップを搭載)には、LCD・CCDカメラ・ズームスイッチ・モードスイッチ・赤外線LEDが接続。起動時にはLCDに「NERF」のロゴが表示される設計です。

デジタル暗視スコープの倍率はデジタルズーム5倍(最大)。サイズ/重さは約90W×50H×125Dmm/315.5gで、電源は単3形乾電池×4本となっています。実勢価格は5,980円です。

■「暗視スコープ」おすすめ記事
FLIRは熱エネルギーを感知する暗視スコープ
暗視スコープ新世代はなんとカラー撮影ができる
暗視スコープに歴史アリ…3つの世代の特徴とは

■「暗視」おすすめ記事
スマホが暗視カメラになる「Seek Thermal」
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた

■「撮影」おすすめ記事
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事