ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レース

レース無線に適した受信機はアイコムのIC-R6

レース無線は過酷な受信環境。そんなレース無線に適したハンディ受信機を、各種の測定から探し出してみます。エントリーしたのは、入門機として人気の高いアイコム「IC-R6」、アルインコ「DJ-X81[…続きを読む]

レース無線のベストな受信機を徹底比較してみた

レース無線の舞台となるサーキットは、受信環境が特殊です。同じ場所で無線が一斉に運用される過密状態。さらに多数のレーシングカーが眼前を走り回るので、大きなエキゾーストノート(排気音)が常に聞こえ[…続きを読む]

レース無線を受信するための機材選びのポイント

レース無線の舞台となるサーキットは受信環境が特殊です。同じ場所で無線が一斉に運用される過密状態。さらに多数のレーシングカーが眼前を走り回るので、大きなエキゾーストノートが常に聞こえます。サーキ[…続きを読む]

レースで周波数とチームを一致させるヒントとは

レース無線を楽しむには、受信機のスキャンやサーチでたくさんの周波数をチェックすることになります。このとき交信が長くなると、他の周波数のチェックができないことがストレスになる場合も…。これを解消[…続きを読む]

レース無線でVHF帯よりUHF帯が使われる理由

レース無線の周波数は、モータースポーツ無線協会に割当てられている30波。この専用波を協会の略称から、MoSRA(モスラ)と呼んでいます。全30波が使える無線機は、鈴鹿サーキットや富士スピードウ[…続きを読む]

レースの駆け引きが聞こえるチーム無線のウラ側

レース無線のメインとなるチーム無線は、監督とドライバー、ピットにいるチームスタッフがお互いの意思疎通を図るために使っている無線です。スーパーフォーミュラのマシンを見ると、車載アンテナがドライバ[…続きを読む]



スピンやクラッシュがいち早くわかるレース無線

昨今、さまざまなジャンルのおもしろ無線がデジタル化されて、傍受できる対象が減ってきています。ところが、サーキットではそれほど広くないエリアで、びっくりするほど多くのアナログ波が飛び交っているの[…続きを読む]

アメリカでは受信機を持ってのレース観戦が定着

サーキットでしか聞けないレース無線。受信できる場所と機会が限られているだけに、未開拓な受信ジャンルです。モータースポーツ大国のアメリカでは、すでに受信機を持ってサーキットでレース無線を聞くスタ[…続きを読む]

3連単全買いできる競艇レースの基本をマスター

公営競技は全組み合わせを購入すれば当たりが出ます。中でも1~3着を着順通りに的中させる3連単を全買いすれば、思わぬ高額配当がくるはずです。ただし、競馬なら18頭立てで4,896通り。100円券[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]