ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

刑事

マル暴刑事が取り調べで使うシビれるセリフとは

「マル暴」とは広域指定暴力団対策などを扱う刑事や部署を意味する警察用語。部署としては刑事部捜査第4課に当たりますが、警視庁では組織犯罪対策部第4課として独立しています。マル暴は柔道や空手の有段[…続きを読む]

捜査一課の刑事のタフな仕事内容と気になる給料

誰でも一度は憧れるのが「刑事」という職業。警察ドラマにもよく登場する捜査一課の刑事でしょう。捜査一課は殺人や強盗といった強行犯を扱う部署です。とはいえ、実際に捜査一課の刑事と接する機会などはほ[…続きを読む]

マル暴刑事が覆面パトカーで張り込みしない理由

刑事部捜査第4課は、広域指定暴力団や外国人犯罪などを扱う部署です。いわゆるマル暴刑事が所属。警視庁では刑事部捜査第4課から独立して、組織犯罪対策部第4課となっています。そんなマル暴刑事が組員関[…続きを読む]

マル暴刑事のヤクザ風のヒゲは申請が必要だった

角刈り・パンチパーマ・丸坊主・ヒゲなどヤクザと見紛う警察のコワモテ集団が組対4課。ヤクザと対峙する通称・マル暴刑事です。警視庁組織犯罪対策第4課は、2003年に発足した組織犯罪対策部の中でも、[…続きを読む]

マル暴刑事の服装の趣味がヤクザに似てくる理由

通称「マル暴」と呼ばれるのが刑事部捜査第4課。広域指定暴力団や外国人犯罪などを扱う部署です。警視庁では刑事部捜査第4課から独立し、組織犯罪対策部第4課となっています。マル暴刑事というと、ヤクザ[…続きを読む]

盗犯を扱う捜査三課の元刑事が教える空き巣対策

2017年の犯罪認知件数は90万件。このうち7割以上を占めているのが窃盗犯です。ひったくりを含めて、50秒に1回は、窃盗事件が起こっている計算になります。そして、警察の刑事部の中でも窃盗犯を扱[…続きを読む]



刑事ドラマの主役が警部補や巡査部長が多い理由

刑事ドラマでも、登場人物には警察の階級が反映されています。刑事ドラマでは「係長」「部長」という役職のほかに、警部や警部補という階級が当てがわれているのが通常です。そんな刑事ドラマでは、主役クラ[…続きを読む]

警察のエリート集団「捜査二課」なぜ口が固い?

捜査二課とは刑事部の中でも、企業の横領や談合に脱税、贈収賄や選挙違反、詐欺などの知能犯を扱う部署です。大きな経済事件を担当するエリートコース。捜査二課をまとめる二課長は警視総監の登竜門といわれ[…続きを読む]

鑑識が刑事より先に事件現場に到着している理由

事件現場で鑑識課員が遺留品を集めているところに刑事が到着するという警察ドラマでおなじみのシーン。それにしても現場に急行するはずの刑事よりも、鑑識課員はなぜ先に到着しているのでしょう。事件発生か[…続きを読む]

警視庁捜査一課の刑事が胸に付ける赤バッジとは

警視庁や道府県警本部にある刑事部とは、その名の通り「刑事事件」を扱う部署。その中でも、殺人や強盗といった強行犯を扱うのが「捜査一課」です。とはいえ、多くの人は捜査一課の刑事に接する機会はほとん[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]