ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察のエリートコース「捜査二課」口が固い理由

刑事部捜査第二課は企業の横領や談合に脱税、贈収賄や選挙違反、詐欺などの「知能犯」を扱う部署です。捜査二課は大きな経済事件を担当する、いわば警察のエリートコース。中でも捜査二課をまとめる二課長は警視総監の登竜門といわれています。捜査二課の仕事について詳しく見ていきましょう。


警察のエリートコース「捜査二課」口が固い理由

捜査二課が担当する知能犯とは?

警察の刑事部には「一課」のほかに「二課」と「三課」、そして「四課」があります。二課は「知能犯」、三課は「盗犯」、四課は暴力団等の取り締りを担当。ただし、警視庁と福岡県警では四課を「組織犯罪対策部」「暴力団対策部」として独立させています。

刑事部の中で、捜査二課の担当する知能犯とは、詐欺や通貨偽造、贈収賄といった金銭・経済・企業犯罪を指し、さらに選挙違反も担当。もちろん、世間を賑わせている「振り込め詐欺」などの特殊詐欺も捜査二課が担当します。

ほかの刑事犯と捜査二課が扱う知能犯の大きな違いは、犯罪が綿密な計画に基づいて行われる点にあります。その犯罪計画の中には、犯行が発覚した時の対処法も盛り込まれているケースがほとんどです。

このため、捜査二課は捜査中の事件に関する情報は完全に秘密です。扱う事件が、例えば贈収賄などの場合、容疑者が当事者間で口裏合わせして証拠を隠滅されてしまうと捜査が難しくなります。捜査二課の刑事は、捜査しているという情報が漏れてしまわないように内々に捜査を進めていくのです。

捜査二課の刑事は常に新しい知識

これは贈賄や選挙違反にもいえることで、実際には上の人間の指示に従ったにもかかわらず証拠が不十分で、ホンボシと呼ばれる真犯人まで捜査が届かないということもありえます。とくに、新聞記者などに漏れて報道されないようにしなければなりません。よく記者たちに「二課は口が固い」といわれるほどです。

このように、捜査二課の刑事には事件の完全な解決のために緻密な捜査が求められるのです。そして、実行犯を検挙しても、それで一件落着というわけにはいきません。

贈賄や選挙違反は別として、詐欺や通貨偽造は日を追うごとに巧妙さが増していきます。とくに詐欺においては、架空請求詐欺や融資保証詐欺、還付金詐欺といった新たな手法が次々に登場。これらに対応するために、捜査二課の刑事は常に新たな知識と情報の取得が必要となるのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事