ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

捜査一課刑事の「現場」の読み方のこだわりとは

子どものころに誰でも一度は憧れるのが刑事という職業。しかし、多くの人が抱くイメージは、ドラマによって作られたものであることがほとんどです。実際、多くの人は実在する刑事に接する機会はほぼ皆無でしょう。そこで、実際に刑事が使っている警察用語について見ていきながら、刑事の実像に迫っていきます。


捜査一課刑事の「現場」の読み方のこだわりとは

刑事ドラマで使う警察用語にNGを出す

リアルな刑事のお仕事について話を聞いたのは、刑事ドラマの監修も行っている元警視庁捜査一課刑事。元刑事いわく「基本的には警察ドラマは3割リアルなら視聴者は十分にリアルと感じてくれる」とのこと。リアルさにこだわり過ぎても物語として成り立たなくなるからです。

ただし、明らかなに違法な捜査をしている描写があったり、実際の現場で刑事が絶対に使わないような警察用語を使っていればNGを出すこともあります。

例えば「ハジキ」や「ガイシャ」といった刑事が使う警察用語。この2つはもう完全にドラマ用語なので、その言葉を見つけた時には「ドラマが安っぽくなりますよ」と指摘すると話します。

刑事が使う警察用語は無線用語から

警察用語で被害者は「マルガイ」で、「マルヒ」が被疑者、「マルモク」が目撃者、「マルタイ」が捜査対象です。拳銃を表す「ハジキ」は、警察用語では「親・チャカ」が鉄砲、「子・ギョク」が弾丸となります。

あとは警察用語では「げんじょう」と「げんば」などの使い分けにもこだわります。いわゆる現在進行形、つまり事件が起きたばっかりだったり、捜査中の現場は「げんじょう」といいます。しかし、事件が解決して過去のものとなった事件の現場なら「げんじょう」ではなく「げんば」となるのです。

そもそも刑事が警察用語を使うのは、業務の内容的にあまり他人に知られてはいけないことも話すため。しかし、そうした警察用語の大半は無線用語から来ています。昔の警察無線は傍受が可能だったので、聞かれても意味を分かりにくくする必要があったのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事