ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

場所

盗聴器の発見される場所は2位がホテルで1位は?

盗聴発見業者によれば、盗聴被害の相談は年々「確実に増えている」といいます。盗聴器が安価に入手しやすくなったことのほか、メディアで取り上げられる機会が増えたため盗聴行為自体が一般的に知られるよう[…続きを読む]

写真の撮影場所の情報を書き替えてアリバイ工作

「ジオタグ」とは、写真やTwitterのツイートなどにタグとして追加できる、地図上の位置(緯度・経度)を示す数値データのこと。専用のソフトやアプリを利用すれば、パソコンやスマホで写真の撮影場所[…続きを読む]

ナンバー自動読み取り「Nシステム」アプリで回避

「Nシステム」とは警察が設置している車両ナンバー自動読み取り装置のこと。通過車両のナンバープレートなどをひたすら撮影し続けている、警察の監視カメラです。撮影されたデータは犯罪捜査で車両の追跡に[…続きを読む]

自宅に盗聴器がないかチェックすべき6つの場所

室内の音声をマイクで拾って、それを電波で送信するのが「盗聴器」の仕組み。音声を効果的にキャッチしたり、電源の確保を考えると、盗聴器が仕掛けられる場所は自ずと限られます。そこで、一般家庭で盗聴器[…続きを読む]

違反キップを切られる意外な追い越し禁止場所とは

追い越し禁止の標識もないし、無理な追い越しをしたわけでないのに、なぜかパトカーに止められ交通違反になった…そんな経験がある人も少なくないはず。実は、道路での追い越しは標識がないさまざまな場所で[…続きを読む]

スピード取り締まりの場所と時間を確認する方法

スピード違反の取り締まりは、警察官が現場で直接キップを切る有人式と呼ばれるものがほとんど。そのうち半分が「ネズミ捕り」で、もう半分がパトカーや白バイによる「追尾式」です。そうしたスピード違反の[…続きを読む]



違反点数2点でも赤キップ「保管場所法違反」とは

駐車禁止になっていない場所にクルマを止めたはずなのに、なぜか違反とされて、しかもそれが赤切符。数は少ないものの、そうした事例は毎年各地で起きています。これは、道路交通法と別に決められた「保管場[…続きを読む]

盗聴器がないかチェックしておくべき5つの場所

室内の音を盗み聞く「盗聴器」にはさまざまな種類がありますが、最も使われるのが無線式盗聴器です。仕掛けられる場所というとホテルなどが思い浮かびますが、それよりも多く仕掛けられているのが一般家庭と[…続きを読む]

スマホでも確認できる速度違反の取締り場所一覧

速度違反のほとんどは、警察官が現場で直接取り締まりを行う有人式と呼ばれるものです。そのうち半分がネズミ捕りと呼ばれる「定置式」、もう半分がパトカーや白バイによる「追尾式」という構成。どちらも神[…続きを読む]

盗聴器が仕掛けられているか6つのチェック場所

盗聴はスパイ映画の中でしか登場しない非日常な犯罪だと思ったら大間違い。我々が知らないところで、盗聴器は仕掛けられ、会話が盗み聞かれているのです。そこで、自宅に盗聴器が仕掛けられているかどうかを[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに、それ[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「デジタル式盗[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方を紹介しましょう。[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、LINEに既読がつかないのです。[…続きを読む]