ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホでも確認できる速度違反の取締り場所一覧

速度違反のほとんどは、警察官が現場で直接取り締まりを行う有人式と呼ばれるものです。そのうち半分がネズミ捕りと呼ばれる「定置式」、もう半分がパトカーや白バイによる「追尾式」という構成。どちらも神出鬼没です。そこで、スマホでも確認できる速度違反の取り締まり場所一覧を紹介しましょう。


スポンサーリンク
スマホでも確認できる速度違反の取締り場所一覧

速度違反取り締まりの詳細な場所

無人式のオービスであれば、設置場所をカーナビやオービスアプリが知らせてくれることもあり、ある程度、心の準備ができるもの。しかし、有人式の速度違反の取り締まりはいつどこで行われているかわかりません。

そこで参考になるのが、各都道府県警のホームページに掲載されている速度違反の取り締まり情報です。いわゆる公開取り締まり情報になりますが、かなり詳細な場所まで掲載されています。

例えば警視庁のホームページであれば「交通安全」コーナーにある「交通指導取締り」の「公開交通取締り」ページに「速度違反取締実施場所一覧」がPDFファイルで掲載。スマホからも確認できます。

日付ごとの速度違反取り締まり場所

この一覧は、行政区と実施路線名、実施場所、所属警察署が記載。例えば、中央区の晴海通りであれば、銀座4丁目付近で築地警察署が実施することがわかります。同じページには「交通違反重点取締場所一覧表」も掲載。取り締まり理由とともに、具体的な交差点名が記載されているのです。

ほかの県警のホームページでも速度違反や交通違反の取り締まり情報は掲載されています。神奈川県警のホームページでは、警視庁のように取締場所を詳細に掲載。千葉県警や埼玉県警のホームページでは、日付ごとにどこで何の取り締まりが行われるかが詳しく記載されています。もちろんスマホでも確認可能です。

このため、まずは自分の住んでいる都道府県警のホームページをチェック。速度違反や交通違反の取り締まり日程や場所をあらかじめ把握しておけば、交通ルールを守った安全な運転を心がけられるでしょう。

■「速度違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
各地で導入される移動式オービスは可搬式が多い
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法
高速ではスピード違反に加えて通行帯違反に注意

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事