ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自宅に盗聴器がないかチェックすべき6つの場所

室内の音声をマイクで拾って、それを電波で送信するのが「盗聴器」の仕組み。音声を効果的にキャッチしたり、電源の確保を考えると、盗聴器が仕掛けられる場所は自ずと限られます。そこで、一般家庭で盗聴器が仕掛けられやすいチェックすべき6つの場所を詳しく見ていきましょう。


自宅に盗聴器がないかチェックすべき6つの場所

盗聴器を身内にセットされるケース

一般家庭に仕掛けられる盗聴器は、身内によってセットされる場合もあります。というのも家庭内というのは、浮気から遺産相続まで、骨肉の争いが絶えないケースが多いからです。

こうした場合、盗聴器を仕掛ける側が室内に出入りできるため、設置に時間のかかるAC電源式の盗聴器をセットすることも可能。AC電源式の盗聴器は、テレビの裏側やコンセントの中、電話機の中に仕掛けられます。

電池式の盗聴器でも電池交換できるので、集音性を重視して照明器具の上やエアコンの上などに設置するケースも目立つのが一般家庭に仕掛けられる盗聴器の特徴。マンションやアパートの場合、部外者が外からセットできる新聞受けの中も、盗聴器が仕掛けられているかチェックすべき場所になります。

盗聴器のチェック場所1つめは「エアコン周辺」。高い位置に設置されていて部屋全体の音を拾えることから、エアコン周辺やエアコン内部にセットされることが多いといいます。

盗聴器のみならずレコーダーをセット

盗聴器のチェック場所2つめは「照明器具の上」です。エアコン同様、部屋全体の音を拾える場所に、電池式の盗聴器が仕掛けられます。

そして、盗聴器のチェック場所3つめは「コンセント周辺」です。三又コンセントやマルチタップに偽装された盗聴器が仕掛けられることは珍しくありません。盗聴器に常に電気を供給できることが狙われる理由です。

盗聴器のチェック場所4つめは「電話機周辺」。コンセント同様、電気供給もできることから電話機本体周辺や回線周辺に盗聴器が仕掛けられます。

盗聴器のチェック場所5つめが「新聞受け」です。マンションやアパートなどの共同住宅では、玄関ドアに付いていることが多い新聞受けは、電池式の盗聴器が仕掛けられやすい場所。ドアの外から盗聴器をセットでき、電池交換もできるからです。

盗聴器のチェック場所6つめは「テーブルの裏側」。家に自由に出入りができると仮定すると、盗聴器のみならずボイスレコーダーをテーブルの裏側に貼り付けるケースも考えられます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事