ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

契約

寝台特急やフェリーはNHK受信料を払っている?

夜間長距離を移動する寝台特急や、長時間航海を続けるフェリーでは、乗客が車内・船内で快適に過ごすためテレビが設置されていることがあります。車内・船内のテレビでは、移動しても放送エリアが変わらない[…続きを読む]

外国人は日本でNHK受信料を払わずに済むのか?

NHK受信料については、たびたびSNSなどで「外国人はNHK受信料を払っていない」という噂が流れます。しかし、法令上でNHK受信契約や受信料について外国人に関する規定はないため、日本人と同じ扱[…続きを読む]

テレビを持っていてNHKの契約を拒否できる条件

ここ数年で、家電メーカーが発売するテレビは4K対応が主流となり、5万円前後で買える4K対応モデルも登場しています。そこで、パソコンや家庭用ゲーム機用として4K対応テレビを購入し、テレビ放送は見[…続きを読む]

ネット経由のNHK視聴に受信契約は必要なのか?

NHKは最近ネット配信に力を入れていて、日本国内であればパソコンやスマホから放送中のテレビ番組をリアルタイムに見ることができます。一方で、NHKはネット視聴者からも受信料を取ろうとしているので[…続きを読む]

NHK受信契約しない人でも見られるTVer番組は?

民放でドラマやバラエティ番組を見ていると、番組の最後に「見逃し視聴はTVerで」と紹介されることが増えています。その一方で、TVerは民放だけでなくNHK番組の配信も2019年からスタートし、[…続きを読む]

4Kテレビを買うとNHK受信料は値上げされるのか?

2018年に本放送を開始した4Kテレビ放送は、NHKをはじめとするテレビ局以上に、テレビ製造メーカー側が熱心に推進しています。そのため、現在販売中のテレビは4K対応モデル中心で、4Kテレビチュ[…続きを読む]



ドンキがNHK受信契約不要の格安テレビを発売?

NHKのテレビ放送が受信できる設備を持つ人は、実際にNHKの番組を見るかとは無関係に、法律上はNHK受信契約を結ぶ必要があります。とはいえ、NHKどころかテレビ番組自体をほとんど見ないのに、年[…続きを読む]

NHK受信契約は2022年4月の改定でどう変わる?

NHKの受信契約内容は、時代に応じてさまざまな変更が加えられながらいまに至っています。2022年4月にも、NHK受信契約の改定が行われる予定で、改定案を発表のうえそれに対する意見募集も2021[…続きを読む]

不動産会社がNHK受信契約をしきりに勧める理由

賃貸のマンションやアパートへ引っ越す場合、契約手続きのために不動産会社を利用することになります。ところが、不動産会社によっては、賃貸契約だけでなくNHK受信契約の手続きもセットで行うようしつこ[…続きを読む]

NHK受信契約数が16年ぶりに減少した本当の理由

誠実なお願いが実を結んだのか、あるいは強引な戸別訪問が功を奏していたのかはわかりませんが、10年以上NHKの受信契約数は伸び続けていました。ところが、2020年度は久しぶりにNHK受信契約数が[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]