ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防止

スキミングとは、スキマーと呼ばれる機材を使って、キャッシュカードやクレジットカードの磁気情報を盗んで偽造カードを作り、その偽造カードでお金を引き出すという犯罪です。このスキミングが満員電車など[…続きを読む]

3千円で買える居眠り防止装置を試してみた

単調な深夜の高速道路やクルマが進まない渋滞の中などの運転では、ついつい眠気をもよおしがちです。しかし、気を付けないと追突をはじめ大きな事故になりかねません。そんな中ドライバーの挙動などを監視し[…続きを読む]

浮気防止アプリが入っていないかのチェック方法

浮気防止アプリとして利用されるのが盗難対策アプリです。本来は盗難されたスマホの位置情報の取得や端末データの消去などを遠隔操作するために開発されたアプリ。スマホの遠隔操作機能をそのまま浮気防止ア[…続きを読む]

顔認識で居眠り運転を防止する警報器の使い心地

居眠り運転の防止グッズを利用したいものの、顔の周りに装置を取り付けるのは気が散ってしまう…という人も多いでしょう。そんな人に最適なのが、ユピテルのわき見・居眠り運転警報器「OKITE EWS-[…続きを読む]

JINSのセンサー付きメガネで居眠り運転を防止

JINSのセンサー付きメガネはSF映画に出てくるようなウェアラブルアイテム。眼電位センサーと6軸モーションセンサーが、まばたき・視線移動・体軸変化を感知し、人体データをリアルタイムで収集。専用[…続きを読む]

GPS追跡を数千円の紛失防止タグで実現する方法

GPS追跡は位置情報を発信しなければならないため、どうしてもサイズが大きくなりがち。携帯通信網を利用することが多いため、コストもかさんでしまいます。そこで、GPS追跡を数千円の紛失防止タグで実[…続きを読む]



家具の転倒防止はポールとストッパーの合わせ技

今後30年以内に、震度6以上の「首都直下型大地震」が発生する確率は、関東では東京の沿岸部などで8割を超えていると言われます。1995年の阪神・淡路大震災では、家具の転倒と通電火災が死因を大きく[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]