ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

顔認識で居眠り運転を防止する警報器の使い心地

居眠り運転の防止グッズを利用したいものの、顔の周りに装置を取り付けるのは気が散ってしまう…という人も多いでしょう。そんな人に最適なのが、ユピテルのわき見・居眠り運転警報器「OKITE EWS-CM1」です。顔に装着するタイプではないので煩わしさがありません。そして何より感度の良さに驚きです。


スポンサーリンク
顔認識で居眠り運転を防止する警報器の使い心地

居眠り防止のための警告は2段階

わき見・居眠り運転警報器は手の平に乗るくらいの小さな黒いボックスで、ステアリングコラムカバーにセットして使います。そのため、顔周りはノーストレスで、警報器の存在を忘れてしまうほどです。

警報器は左にカメラ、右に明るさ補正用の赤外線LEDを内蔵。顔認識機能が搭載されており、撮影した映像をリアルタイムで画像処理して、顔の向きや角度、まぶたの開閉を検知する仕組みです。

居眠り防止のための警告は2段階。運転中に両方のまぶたを1秒以上閉じると「ピーッ」と警告音が鳴ります。それでもまぶたが開かないと「ピピピ」と再度音が鳴る仕組みです。

また、運転中に左右30~60度、上30度、下10度の範囲で、3秒以上わき見運転をしていると「ピピ、ピピ、ピピ」とブザー音が鳴ります。音を止めるには、顔を起こして前方を真っ直ぐ向けなければなりません。

居眠り運転警報器はエンジンと連動

セッティングは警報器をステアリングコラムカバーの上に設置して、シガーソケットに接続。この時、カメラが顔の中心にくるようにします。電源のオン/オフはエンジンと連動するため、起動し忘れることはありません。

加えて、警報器はユピテル製のレーダー探知機やカーナビと接続することが可能。警報音に加えて「居眠り注意」「わき見注意」といった警報表示も追加で表示されるようになって、さらに便利です。

わき見・居眠り運転警報器の検出範囲は本体から距離50~90cm、左右60度、上30度、下10度となっています。電源はシガーソケット、サイズ/重さは60W×31H×39Dmm/140g。実勢価格は29,700円です。

■「居眠り運転防止」おすすめ記事
顔認識で居眠り運転を防止する警報器の使い心地

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
高速のパトカー追尾式取締りは分駐所付近に注意
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
インターチェンジを通り過ぎてもタダで戻る方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事