ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴防止ノイズを発生させる小型妨害機をテスト

現代では、発信器として販売される情報収集機器による盗聴対策は必須でしょう。大企業では1年に1度、専門業者に盗聴器の“掃除”を依頼するといいます。個人でも受信機や盗聴発見機によって、盗聴器の有無を割と容易に確認できますが、その場所を特定するのはある程度の知識と技術が必要。そこで有効なのが「小型妨害機」です。


盗聴防止ノイズを発生させる小型妨害機をテスト

ノイズを発生させて盗聴行為を防止

サンメカトロニクスの「TBX-1000mini」は、ノイズを発生させて盗聴行為を防止する装置。既に盗聴されている…という前提でこの妨害機を使い、実質的な被害を食い止めるわけです。

使い方は、電源をオンにしてノイズ音量を調整するだけなので、機械に弱い年配や女性社員も気軽に利用できます。

実際に、YouTubeの動画を再生した室内で、その音声を近くに置いた盗聴器から発信。Bchの399.455MHzを受信機で受信している状況を作って実験してみました。

声にきれいに盗聴防止ノイズが乗る

ここでTBX-1000miniの電源をオンにしたところ、「ジーーー」というノイズで、受信機から聞こえていた動画の音声がかき消されてしまいました。人の声にきれいに盗聴防止ノイズが乗っている印象です。

騒音計アプリ「デシベルX」で、ノイズの音量を測定してみました。中程度の場合は約80dB、最大の場合は約90dBで、バイク音ぐらいの音量です。

盗聴妨害機のモードはノイズジェネレーターモード、電源はリチウム電池400mAです。サイズ/重さは約75W×102H×42Dmm/128g。実勢価格は26,400円です。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器発見器を使うならまず部屋に音楽を流す
業者向けに作られた「盗聴器発見アプリ」の実力

■「盗聴器調査」おすすめ記事
盗聴器の調査は「117」の時報を流すと一石二鳥
盗聴器をあえて発見せずに妨害するという選択肢
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?

■「盗聴器アプリ」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事