ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クレームで居座り続けると不退去罪で逮捕される

相手に非があり、その対応に誠意が微塵も感じられなければ、カッとなって頭に血が上るのも当然。しかし、怒りに任せて相手を小突いたり、法外な金品を要求するのはけっして行ってはいけません。やり過ぎクレームがどのような罪に問われるかを見ていきましょう。


クレームで居座り続けると不退去罪で逮捕される

クレームで居座ると不退去罪になる

クレームで「大声で怒鳴る」のは威力業務妨害。最大3年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。店内で大声を出し怒鳴り散らしたり、暴れたりすれば威力業務妨害罪になります。

また、Twitterなどでデタラメな情報を書き込んで業務を妨害すれば、偽計業務妨害罪となることも…。事実認識の合意が得られるまでは、不用意なネットへの書き込みは避けましょう。

クレームで「その場に居座る」のは不退去罪に問われます。最大3年以下の懲役又は10万円以下の罰金です。正当な理由もなく他人の住居、会社、店舗などに居座るのは不退去罪となります。

クレームの水増しは詐欺罪になる

料理を出す順番に立腹し、ラーメン店に3時間居座った客が逮捕されたケースもあるのです。なお、不法侵入で居座った場合は、不退去罪ではなく住居侵入罪となります。

「ケーキに髪の毛が入っていた」「配送された商品が壊れていた」などとウソの苦情を入れ、現金や商品を騙し取ると詐欺罪となります。すなわち「嘘のクレームで金品を騙し取る」のは詐欺罪です。

最大10年以下の懲役となります。クレームの大筋が正しくても、被害を不当に水増しして補償を要求すれば、やはり詐欺罪になるのです。(文/今野博志)

■「クレーム」おすすめ記事
クレーマー対応は「NGワードをいうまで待つ」
クレーマーにカモにされやすいタイプはこんな人
悪質クレーマーが苦手とするタイプはどんな人?
クレームの恐喝罪と脅迫罪と強要罪は何が違う?
企業が恐れるクレームと攻めの最新対応法とは?
クレーマー対応で相手を黙らせる決めゼリフとは?
警察官へのクレームは警察本部の監察室が効果的

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事