ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

最新ハンディ機「IC-R30」で聞けるデジタル無線

待ちに待ったデジタル対応ハンディ受信機「IC-R30」がついに発売になりました。初めてのデジタル対応ハンディ機だけに、性能はもちろん操作性も未知数です。デジタル無線は受信モードが合わなければ音声化されません。最新ハンディ機「IC-R30」で聞けるデジタル無線について見ていきましょう。


スポンサーリンク
最新ハンディ機「IC-R30」で聞けるデジタル無線

音声化できないデジタル無線もある

アナログ波の受信モードにFM・AM・SSBがあるように、デジタル波にも多様な受信モードがあり、受信モードが合わないと音声化されません。IC-R30はオートモード機能を搭載していますが、すべてに対応しているわけではなく、中には受信できても音声化できないデジタル無線もあります。

主に138~141/157~164MHzを使うアメリカ軍基地内連絡波は、電波法の適用外なのでオートモードは対応せず。アメリカ式のP25モードは手動で設定します。受信の可能性は高いでしょう。

160MHz帯マスコミ無線は、NXDN-VNモードは自動設定されず、旧割当てのFMモードを表示します。受信モードを合わせても、秘話コードが設定されていると音声化できません。

270MHz帯消防無線は、旧割当てが沿岸船舶無線電話のため、受信改造が必要な帯域。改造後に周波数が表示され受信できても、受信モードが一致しないため音声化できません。

デジタル無線の2波同時はできない

351MHz帯簡易無線は、オートモードでDCRモードが設定されます。アルインコ独自方式以外は音声が出力されますが、秘話コードの自動解析機能がないので手動で調べなければなりません。

413MHz帯業務無線は無線電話である新幹線公衆電話帯のため、受信改造が必要。DMRモードを採用しているので、DMRモード非対応のIC-R30では音声化できません。

467MHz帯簡易無線は、351MHz帯の登録局と同じDCRモードが自動設定される免許局。秘話コードがなければ、即座に音声化されます。DCRはアイコム公認の受信対象といえるでしょう。

なお、IC-R30は2波同時受信機能を搭載していますが、周波数帯や受信モードの組み合わせに制約があり、デジタル無線同士の2波同時受信はできません(SSB/CWモードとデジタル波の組み合わせも不可)。周波数は表示されますが、ミュートが表示されて受信そのものができない状態になります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事