ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器も高感度で受信する「IC-R6」の魅力とは

2010年に発売されたアイコムの広帯域ハンディ受信機「IC-R6」は、周波数を打ち込む数字が記された数字キーが無いテンキーレスモデルにもかかわらず、少ないボタンで良好な操作性が魅力。さらには、盗聴器の周波数を含めた全帯域でフラットな高感度と、丸1日受信できる低燃費設計で人気を博しています。


スポンサーリンク
盗聴器も高感度で受信する「IC-R6」の魅力とは

IC-R6にカラーバリエーション登場

1989年にコンパクトな広帯域受信機として衝撃的なデビューを飾り、ベストセラーになった「IC-R1」にはテンキーが付いていました。テンキーモデルは1996年発売の「IC-R10」に継承され、小型機のコンセプトは1998年発売のテンキーレスモデル「IC-R2」へと枝分かれしていったのです。

操作性に難があるとされていたテンキーレスモデルに、常識を覆す良好な操作性、そして高感度。たちまちベストセラーになりました。そして、ボタン配置や操作性を見直した2002年発売の「IC-R5」へと進化させ、省電力化したIC-R6で完成の域に到達。死角の無いハンディ機として、多くのマニアに支持されています。

2017年には、IC-R6に「メタリックブルー」と「メタリックレッド」のカラーバリエーションが登場しました。これはエアーバンダーを意識したカラーバリエーションで、青が全日本空輸、赤が日本航空をイメージしたといわれています。

IC-R6は盗聴器も高感度で受信する

IC-R6には、アナログ無線を聞くための機能はすべて搭載されているといってよく、IC-R5には無かったNEC方式に対応した空線信号キャンセラーや逆トーン機能を搭載。受信できるジャンルを増やしています。

IC-R6の受信可能周波数は0.1~1309.995MHzですが、その受信感度グラフを確認するとほぼフラットな特性。固定機を超える高い感度は、小型機とは思えないほど驚異的なレベルです。盗聴器も高感度で受信できます。

バッテリー性能は、単3形乾電池×2本で27時間稼働。丸1日受信し続ける低燃費設計には驚きです。標準価格は27,864円で、2万円台前半の実勢価格から入門機と位置付けられていますが、メイン機として使えるだけの実力は十分備えています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事