ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

インフルエンザ予防注射を少しでも安く打つ方法

毎年のように流行しているインフルエンザ。心配になってインフルエンザの予防注射を打とうと思っている人も多いでしょう。実はインフルエンザの予防注射の料金は病院ごとにバラバラ。地域によっては500円以上もの料金差があります。そこで、インフルエンザ予防注射を少しでも安く打つ方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
インフルエンザ予防注射を少しでも安く打つ方法

インフルエンザ予防注射の平均料金

今年の冬も猛威を振るっているインフルエンザ。実は、インフルエンザワクチンの接種は「自由診療」扱いのため、接種料金は病院ごとに自由に決められます。インフルエンザの予防注射は病院ごとに違っているのです。

インフルエンザの予防注射の平均は3,500円前後ですが、安いと2,800円(東京都)や3,000円(埼玉県)といった病院も存在。なお、小児科の大人料金が比較的安い傾向があります。

そんなインフルエンザワクチンの接種料金の平均がわかるサイトが「QLife」。毎年、インフルエンザ予防注射の平均価格を発表している医療情報サイトです。県ごとの平均価格が分かります。

インフルエンザ予防注射の料金調査

インフルエンザ予防注射の平均がわかったら、今度は自分の地域のインフルエンザの予防注射の料金の調査です。検索ページで「○○県(地域名) インフルエンザワクチン円」と入力します。

例えば、静岡県浜松市の医院では大人3,000円で接種可能であることがわかりました。静岡県の平均は3,587円(2018年)なので、500円以上安いことになります。差額が500円なら、4人家族トータルで3,000円お得になる計算です。

近場で安い病院を探し、家族で受けに行くとかなりの差になるでしょう。また、加入している健康保険組合で補助が出たり、65歳以上の高齢者は各自治体からの補助で無料になることもあります。事前にチェックしましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事