ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アイコムのデジ小「IC-DRC1」のセッティング法

デジタル小電力コミュニティ無線は、アイコムの「IC-DRC1」によってスタートしました。IC-DRC1の機能をフルに引き出すには、機器名称を付け、グループを設定しますが、本体の操作では行えません。プログラミングソフト「CS-DRC1」による、PC上でのセッティングが必要です。


アイコムのデジ小「IC-DRC1」のセッティング法

IC-DRC1本体とPCをUSBで接続する

アイコムのデジタル小電力コミュニティ無線機「IC-DRC1」をプログラミングするソフト「CS-DRC1」は、アイコムのWebサイトから無償でダウンロードできます。対応OSはWindowsのみで、Windows10であればUSB接続したIC-DRC1をすぐに認識するので、ポート番号の選択だけで準備は完了です。

Windows8.1/7の場合は、IC-DRC1を認識させるためのドライバが別途必要となりますが、これもアイコムのWebサイトより入手可能です。さっそく、Windows10での設定手順を紹介しましょう。

ポート番号の選択は自動検索で行うのが簡単。無線機本体とUSB接続ができたら、「読み込み」で無線機の情報をPCにインポートします。「本体設定」から「機器名称」を付けます。全角6文字または半角12文字なので、日本語+英数字のフリラーのコールサインもOK。「機器名称送信」をONに設定。

IC-DRC1の電源ボタンを押して再起動

個別呼び出しをする「個別リスト設定」では、最大30件の相手局を登録可能。機器IDと機器名称を紐付けられます。「グループリスト設定」では、グループ番号にネーミングが可能。機器名称と同じ文字数まで入力可できます。漢字も使えるのは便利です。

入力が完了したら「書き込み」をクリック。入力データがIC-DRC1に書き込まれて設定は完了です。複数台で行う場合は、機器名称ごとにファイル保存しておきます。

IC-DRC1のディスプレイに「データ受信OK」と表示されたら、IC-DRC1の電源ボタンを押して再起動。オープニング画面がネーミングした機器名称の表示に変わって完了となります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事