ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ライセンスフリー無線の新バンド「デジ小」とは?

2018年に制度化されたデジタル小電力コミュニティ無線(Digital Regional Community Radio)、通称“デジ小”は、アイコムの「IC-DRC1」によってスタートしました。個別IDによる呼び出しシステムや標準装備されたGPSによる位置情報交換が魅力のラインセスフリー無線です。


ライセンスフリー無線の新バンド「デジ小」とは?

デジタル小電力コミュニティ無線のID

デジタル小電力コミュニティ無線はデジタル方式を採用していますが、デジタル簡易無線のように秘話コードやユーザーコードといった、通話相手を限定する機能は搭載されていません。通信範囲で運用する誰とでも連絡できるようになっています。

「グループ」を指定すると、同じグループに登録された相手だけを呼び出すことが可能です。とはいえ、グループ通話の設定をしていても、「全体」として呼び出されると“一斉通報”として音声が出力されます。

IC-DRC1には、無線機固有のIDとなる機器IDがあり、送信時に送出。「宛先」に仲間の機器IDを登録しておくと、個別呼び出しが可能です。この機器IDには自分の好きな名前が付けられるので、コールサインを登録できます。

GPSを搭載して位置情報を送受信する

IC-DRC1にはGPSが標準搭載。音声の送信時には位置情報も送られ、受信局のディスプレイには自局との距離と方位が表示されます。無線システムの規格上、位置情報を送信しない設定にはできません。

自宅で送信すると“家バレ”しますが、出力が500mWと小さいので野外運用がメインになるでしょう。位置情報の交換により、お互いの方位や距離がディスプレイに表示されるので遠距離通信に活用できる機能です。

また、「位置情報サーチ」機能では、機器IDを指定した相手局の位置情報を相手局がPTTスイッチを押さなくても、自動送信させて取得できます。この遠隔送信機能は音声でも使え、相手局の周囲の音を自動送信させることも可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事