ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

4Kの真価を体感!レグザ“全部入り”有機ELテレビ

画質・機能にこだわってチューナー内蔵4Kテレビを選ぶなら、東芝の「X920」シリーズはベストな選択といえるでしょう。特筆すべきはレグザの圧倒的な画質の高さです。4K画質の真価を体感できるレグザの“全部入り”有機ELテレビを詳しく見ていきましょう。


4Kの真価を体感!レグザ“全部入り”有機ELテレビ

外付けHDDを接続することで全録環境

レグザ「X920」シリーズで特筆すべきは圧倒的な画質の高さです。有機ELの最大の特徴である黒の表現力、レグザエンジンによる高コントラストかつ精彩な描写力。そして、解像度やフレーム数の違いを検出して超解像技術を行う「BS/CS 4KビューティX PRO」で、ノイズやチラつきを抑制します。

その他、あらゆる画像処理技術により、驚くほどの美しさを実現し、皮膚・水・木々…まるですぐそこに存在するかのようなリアリティのある描写力は、まさに圧巻の一言です。

機能面でいえば、専用の外付けHDDを接続することで全録環境が築けるのも大きなポイントでしょう。テレビの録画機能は“おまけ”的な扱いになりがちですが、レコーダーとしても十分です。

また、4K対応のスカパー!プレミアムチューナーも搭載しており、まさに“全部入り”。この価格だけの価値はある、至高の4Kテレビに仕上がっています。

「55X920」は実勢価格が350,870円。画面サイズは55V型で、チューナーは地デジ×9、BS/110度CS×3、4K×1、4Kスカパー! プレミアムサービス×1を搭載。HDRはHDR10、HLGで、入力端子はHDMI×4、USB×4、ビデオ入力×1です。サイズ/重さは122.6W×72.0H×25.1Dcm/37.5kgとなっています。なお、65V型「65X920」もラインアップされていて、実勢価格は588,470円です。

有機ELにより引き締まった絵面に

パネルの厚みは5mm、フレームは8mmなのでフレーム感があまりありません。画質の良さも相まって、実世界との境目を感じにくくなっています。BS/110度CSの4Kチューナーを1基搭載。リモコンの「4K」ボタンから即座に4K放送が視聴できます。リモコンはベース色により3ブロックに分割されており、扱いやすい作りです。

画質については、2Kと4Kの解像度の違いはもちろんですが、臨場感やしずる感などの表現力はケタ違い。また、有機ELにより黒を黒として表示でき、引き締まった絵面に仕上がっています。

画質モードは8つのモードに加えて、黒色や明るさなどを細かく調整可能。「映像分析情報」では、リアルタイムで輝度分布や質感リアライザー特性をチェックできるというマニアックな機能も備わっています。

専用の外付けHDDを接続すれば、全録が可能。タイムシフトマシン対応の4TB外付けHDDで最大6チャンネルを約80時間分録画できます(地デジの場合)。全録レコーダーを用意しなくても、外付けHDDで手軽に全録環境を築けるのはうれしいところです。

趣味嗜好に合わせたテレビ番組やネット動画が見つかるサービス「みるコレ」。ここからネット動画にアクセスできます。YouTube・Netflix・dTV・U-NEXTなどに対応。Amazonビデオは非対応なので、Fire TVなどを用意しましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事