ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

4Kテレビに外付けチューナーを選ぶ時のポイント

2011年の完全地デジ化に合わせて購入した液晶テレビの買い替えで、数年前に4Kテレビを購入したというケースは多いはず。ならば外付けチューナーを追加して、4K環境を構築しましょう。そこで、4Kチューナー&BDレコーダーを導入するポイントを見ていきます。


4Kテレビに外付けチューナーを選ぶ時のポイント

4Kチューナーを搭載しない4Kテレビ

2016年頃から各AV機器メーカーでは、4K解像度に対応した液晶テレビのリリースを進めてきました。2017年にはドン・キホーテが、格安4Kテレビとして6万円を切る50V型を発売して話題となったのも記憶に新しいところです。

ただ、それらの4Kテレビには4Kチューナーを搭載していないため、新4K8K衛星放送は受信できません。直接受信できる4Kテレビはごく一部の機種のみです。

そこで手持ちの4Kテレビで4K放送を受信したいという場合、外付けの機器を用意することになります。その際、選択肢としてはまず大きく2つ。少しでも安くあげたいなら、視聴メインの4Kチューナーが候補となります。

4Kチューナー内蔵のBDレコーダー

4Kチューナーはパナソニックとシャープからもリリースされており、大手家電メーカーからは一通り出揃っています。価格は30,000~60,000円。視聴メインならこちらが候補になるでしょう。

一方、録画機能にもこだわりたいなら、4Kチューナー内蔵のBDレコーダーを選ぶことになります。こちらは2019年3月現在、シャープとパナソニック製品だけなので、それほど悩まずに済みそうです。

4Kチューナーを内蔵したBDレコーダーは、シャープのAQUOSとパナソニックのDIGAのみ。AQUOSレコーダーは内蔵HDDが2TBと4TBがラインアップされています。実勢価格は100,000円からとなっています。

なお、テレビとの接続には、4K/60pの高画質データを高速伝送できる18Gbps対応のHDMIケーブルが必要。付属しているか確認しておくことも大事です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事