ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Androidを搭載した「50インチ4Kテレビ」の魅力

ピクセラの4Kテレビ最大の強みはAndroidを搭載していること。「YouTube」「AbemaTV」「Hulu」などの動画配信サービスに加え、Google Playからゲームをダウンロードして大画面でプレイすることもできます。「PIXELA PIX-50VM100」は4Kチューナー2基搭載で裏番組の録画にも対応した50インチ4Kテレビです。


Androidを搭載した「50インチ4Kテレビ」の魅力

ピクセラの4KテレビはAndroid搭載

ピクセラの「PIXELA PIX-50VM100」は、Androidを搭載した50インチ4Kテレビです。ピクセラはGoogleと開発ライセンスを提携しており、AndroidTVのプラットフォームとしては他社からリードした位置にあるといえます。

そして、PIXELA PIX-50VM100はこの価格帯では珍しく4Kチューナーを2基搭載していることもポイント。録画しながら裏番組が視聴できるので、存分に4K放送を楽しめます。

液晶パネルはマルチドメイン方式のVAパネルで、視野角はIPSほどではありませんが、かなりの広範囲をカバー。ただし、VAパネルのメリットでもある高コントラストがやや調整不足なのか、映像によっては黒が薄くなることも…。とはいえ、白が飛び抜けて強いわけでもなく、総じて見やすい光に調整されているのが好印象です。

ピクセラ4Kテレビに付属の視聴アプリ

スピーカーは底面に取り付けられているので聞きづらさは否めませんが、その分スピーカー後部の空間を大きく取っているため、音圧不足は感じられません。ヘッドホン端子や光デジタル端子を搭載しているので、手持ちの音響機器に接続できるはうれしいポイントでしょう。

付属のテレビ視聴アプリ「Xit」は、リアルタイムの視聴者数を表示するので、人気番組がひと目で分かります。録画傾向を分析し、オススメ番組を提案してくれる機能も搭載しています。

PIXELA PIX-50VM100のチューナー数は、地デジ×3、BS/110度CS×3(2系統は4Kと共通)、4K×2です。ディスプレイはVAパネル、HDRはHDR10、HLG。コントラストは4000:1、視野角は上下左右178度となっています。

入力端子はHDMI×2、USB(録画用)×1、スピーカーは10W+10W、OSはAndroid8.0。サイズ/重さは1126.8W×711.4H×249.9Dmm/約12.1kgとなっていて、実勢価格は79,800円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事