ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

店が遠くても「ビックカメラSuica」お得な理由

交通系ICカードで最大のシェアを誇るSuicaは、さまざまな提携カードを発行しています。そのうちのひとつが、大手量販店のビックカメラと提携した「ビックカメラSuicaカード」。ビックカメラは大都市を中心に出店していますが、地方に住む人でもビックカメラSuicaカードはお得に使えるのです。


店が遠くても「ビックカメラSuica」お得な理由

Suicaチャージでもポイントが貯まる

「ビックカメラSuicaカード」は、JR東日本系列のビューカードがビックカメラと提携して発行中のクレジットカードです。このカードは、ビックカメラのポイントプログラム「ビックポイント」とビューカードの機能が1枚で両方利用できる仕組みとなっています。

ビックカメラSuicaカードがおトクな点は、まずグループ会社のコジマ・ソフマップを含むビックカメラの利用で、現金と同じ10%分のビックポイントが貯まる点です。他社のクレジットカードであれば、ビックカメラのポイント還元率は8%となってしまいます。

さらに、他のビューカードが発行するカードと同様に、ビックカメラSuicaカードもSuicaチャージに利用するとJRE POINTが1000円に付き15ポイント貯まります。JRE POINTは1ポイント=1円でSuicaチャージに使えるため、還元率は1.5%です。

ビックカメラ.comでも10%ポイント

とはいえ、ビックポイントとJRE POINTが貯まるだけでは、JR東日本路線から離れていてビックカメラの店舗が近所にない人にとって、ビックカメラSuicaカードのメリットがはほぼなさそうに見えます。しかし、そんな人でもビックカメラSuicaカードをお得に活用できるのです。

まず、ビックポイントはビックカメラ店舗でのショッピングだけでなく、同社のネット通販サイト「ビックカメラ.com」でも貯めることができます。このときに、決済にビックカメラSuicaカードを利用すると、ポイント還元率は店頭の現金払いと同じ10%となるのです。ネット購入時の送料も、一部の離島を除き無料です。

貯まったビックポイントは、ビックカメラ.comでのショッピングでそのまま使うのがお得です。ビックカメラSuicaカード会員限定で、ビックポイント1500ポイント=1000円としてチャージできますが、交換率が悪いうえチャージ分の受け取りはJR東日本の駅に設置されたATM「VIEW ALTTE」でないと手続ができないためです。

一方、JRE POINTについては、ネット上からモバイルSuicaへ1ポイント=1円でチャージできるため、交通系ICカード対応のコンビニやスーパーなどで活用できます。例えば、北海道の釧路在住であっても、コンビニチェーン・セイコーマートが釧路市内に10店舗以上出店していて、モバイルSuicaでの支払いも可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事