ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

全国どこでも「ビックカメラSuicaカード」最強説

「Suica」「ICOCA」など、大手鉄道・バス会社が発行する交通系ICカードは、1枚持つだけで全国どこでも使えます。そこで、どの会社のカードを選ぶべきかは悩みどころです。一番使う交通機関のICカードにすればよいと考えがちですが、実は「ビックカメラSuicaカード」だけは別格。エリア外のユーザーも十分にお得なのです。


全国どこでも「ビックカメラSuicaカード」最強説

ビックカメラSuicaカードで11.5%還元

「ビックカメラSuicaカード」は、大手家電量販店・ビックカメラのポイントプログラム「ビックポイントカード」とJR東日本が発行するクレジットカード「ビューカード」が1枚セットになったものです。

このカードが最強といわれる理由の1つは、「ビックポイント」とビューカードのポイント「JRE POINT」が同時に貯まる点にあります。

ビューカードにはSuicaが内蔵されていて、ビューカードからSuicaへチャージをすると1000円につきJRE POINTが15ポイント貯まる仕組み。そして、このチャージ金額でビックカメラで買い物をすると、現金利用と同じ扱いで10%分のビックポイントが付きます。

つまり、ビックカメラSuicaカードを利用して、ビックカメラでSuicaで買い物をすると「ビックポイント10%+JRE POINT1.5%」の合計11.5%分のポイント還元を受けられるのです。

ビックカメラSuicaにモバイルSuica

だたし、ビックカメラSuicaカードへ一旦チャージして買い物するには不便な点もあります。というのも、ビックカメラの店頭ではビューカードからSuicaチャージが行えません。このため、チャージだけはあらかじめJR東日本路線の駅に設置された券売機かATM「VIEW ALTTE」で行っておく必要があります。

しかし、この不便さはビックカメラSuicaカードをモバイルSuicaと組み合わせて利用することで解消します。モバイルSuicaで利用するクレジットカードにビックカメラSuicaカードを指定した場合も、1000円につきJRE POINTが15ポイント貯まるのです。

モバイルSuicaであればビックカメラ店内はもちろんのこと、全国どこでも携帯電話の電波が届けばチャージが可能。そして、チャージした時点で1.5%の還元があるため、JR東日本以外の鉄道やバス、さらにはコンビニなどでSuicaを利用した分も、実質的にはポイント還元対象となるのです。


ビックカメラSuicaカードでチャージ

例えば、九州地方に住んでいてJR東日本路線を利用せずとも、モバイルSuicaにビックカメラSuicaカードでチャージするように設定。これでJR九州路線に乗ることでJRE POINTが貯まります。

JR九州にもクレジットカード「JQカード」会員向けに鉄道利用のポイント還元がありますが、還元率は1%。モバイルSuicaの還元率1.5%の方が上です。これがビックカメラSuicaカードが最強といわれるもう1つの理由です。

貯まったJRE POINTは、500円単位で1ポイント=1円でSuicaにチャージが可能。特別な利用制限もなく普通にチャージした分と同様に使用できます。JR東日本エリア外でもJRE POINTは十分お得に活用できるのでした。

さらに、鉄道利用でポイント還元や割引がないJR東海の「TOICA」、JR北海道の「Kitaca」と比べれば「ビックカメラSuicaカード+モバイルSuica」の方がおトクになることは確実。交通系ICカードとしての使い勝手も、Suicaのみ使えないということはほぼないので問題ありません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事