ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Photoshop代替「Affinity Photo」を試してみた

「Adobe Photoshop」は、クリエイター必携の画像編集ソフトです。PhotoshopをはじめとしたAdobe製品は使いたい時だけ契約するサブスク形式。短期的にはお得ですが、長期にわたって利用する場合は高コストです。Photoshop代替なら、買い切り型の「Affinity Photo」がお得。実際にAffinity Photoで画像を編集してみました。


Photoshop代替「Affinity Photo」を試してみた

Photoshopの代替にAffinity Photo

「Affinity Photo」がPhotoshopの代替となりえるか、実際に写真を編集して検証してみました。「Affinity Photo」は買い切り型で、価格は6,100円となります。

Affinity Photoの主な機能は「画像の色調補正」「画像のレンズ補正」「RAW現像」「図形の作成」「ペイント」など。Photoshopの操作画面とメニューやツールの配置などは結構似ている印象。突き詰めると機能や操作性に違いがあります。

Photoshopで作成したPSDやEPS形式のファイルを、Affinity Photoで開いて編集可能。逆に、Affinity Photoで作成したデータをPSD形式で書き出すことも可能です。サブ機用に導入するという使い方もできるかもしれません。

実際に、Affinity Photoで写真に写り込んだ不要物を消し去る作業を行ってみます。富士山の写真に写り込んでしまった電線を消してみました。まずは左のツールバーから「修復ブラシツール」を選択します。

Affinity Photoで写真を補正してみた

ソースとなる部分を「Alt」キーを押しながらクリック。その後、削除したい部分をなぞっていくだけでOKです。電線が跡形も無く除去できました。なお、修復ブラシツールには、パッチツール、傷除去ツール、インペインティングブラシツール、赤目除去ツールが用意されています。

Affinity Photoのフィルターで写真を補正する作業を行ってみます。「フィルター」を使えば、簡単に歪みを補正したり、シャープに修正が可能。また、魚眼レンズで撮影した風などの加工も可能です。

メニューの「フィルター」をクリックして、好みのフィルターを選択。ここでは「ゆがみ」を選びました。フィルター強度はスライダーを動かして調整。これで写真にフィルターをかけられます。

Affinity PhotoがPhotoshopの代替となりえるかの検証結果は、全く問題ありません。色味・明るさの調整やフィルターの適用はもちろんのこと、不要物の除去といった加工まで簡単に処理できました。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事