ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「Flightradar24」は有料プランで何ができる?

世界中を飛んでいる航空機の現在位置や飛行データが、スマホに表示される飛行機アプリが「Flightradar24」です。航空機の現在位置を確認するといった基本的な使い方だけなら無料で使えますが、マニアックに使いこなそうとすると不満が出てくるもの。Flightradar24の有料プランで何ができるのかを詳しく見ていきましょう。


「Flightradar24」は有料プランで何ができる?

Flightradar24の有料プランは3種類

飛行機アプリ「Flightradar24」で、航空機の現在位置を確認するといった基本的な使い方だけなら無料プランの「Basic」で十分でしょう。しかし、マニアックに使いこなそうとすると不満が出てくるものです。

特に、航空機の詳細情報のページのほとんどのデータは、項目にカギマークが出てロックされ、参照することができません。

これらのデータは、月額制の有料プランでなければ見られないのです。その他にも、表示できる項目が増えたり、機能が充実するといったメリットがあります。

Flightradar24の有料プランは「Silver」「Gold」「Business」の3種類。月額料金はSilverが180円、Goldが450円で、Businessは5,499円。それぞれお得な年額プランあり。7日間の無料お試し期間があります。

Silverプラン、Goldプランともに1契約で、3台のデバイスでの同時利用が可能。外ではスマホとタブレット、そして自宅ではPCで利用すれば活用の幅の広がります。

プランごとに追加される機能の違いは、有料プラン紹介ページに掲載されていますが、その中でも航空マニアが使用するのに便利な追加機能をピックアップして紹介しましょう。

Flightradar24有料プランで詳細情報

Flightradar24で航空機のアイコンをタップすると開く「フライトの詳細データ」。無料プランでは機体の種類・登録記号・対地速度・航空機の向き・較正高度・緯度経度しか見られません。他のデータは黄色いカギマークでロックされています。

有料プランではロックが解除され、Silverプランは垂直速度(降下と上昇率)とスコークを表示。Goldプランになると、航空機で計測した外気温や風向が追加されます(一部の航空機のみ)。

スコークの4ケタ数字が分かると、エアーバンドの交信で指示されたスコークと照らし合わせ、交信に出てきた航空機であることが確認できます。

一定の条件でプッシュ通知を送ってくれる「アラート機能」。無料プランでは、空港の近くに飛来した時や緊急時に使用するスコークを受信した場合などに限られています。

有料プランではより細かい設定が可能で、登録記号や便名で登録することが可能です。例えば、コロナ禍でほとんど動かなくなった全日本空輸のA380が、いつ飛ぶのか気になりますが、登録記号を設定しておけば、A380の電波を受信した時点で、プッシュ通知が来るので見逃すことはありません。

Silverプランは10件、Goldプランは25件までアラート登録可能です。

■「飛行機アプリ」おすすめ記事
世界中の飛行機の動きを追えるマニアックアプリ
「Flightradar24」PC版でアップデートした機能

■「飛行機事故」おすすめ記事
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
飛行機の座席は墜落のリスクを考えて後方を選ぶ

■「座席」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事