ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「Flightradar24」有料版のマニアック追加機能

飛行機アプリ「Flightradar24」で、航空機の現在位置を確認するといった基本的な使い方だけなら無料プランで十分ですが、マニアックに使いこなそうとすると不満が出てくるもの。そのため、Flightradar24には3種類の有料プランを用意しています。航空マニアが使用するのに便利な追加機能をピックアップして紹介しましょう。


「Flightradar24」有料版のマニアック追加機能

Flightradar24有料プランで航空路表示

Flightradar24の有料プランは「Silver・Gold・Business」の3種類。月額料金はそれぞれ180円・450円・5,499円です。それぞれお得な年額プランを用意。7日間の無料お試し期間があります。

Goldプラン以上の機能になりますが、上空に設定されている航空路や位置通報点を地図に表示させる設定があります。

縮尺によっては、位置通報点の名称も表示されるため、エアーバンドの交信の中に出てきたポイントが、どこにあるのかを確認できる受信向けのマニアックな機能です。

航空交通管制(ATC)の境界線を表示する機能もありますが、日本と隣国の管制機関の境界が表示されるのみです。国内の境界線が表示されれば、航空路管制の受信で絶大なる威力を発揮してくれるのですが…。

Flightradar24有料プランで過去情報

Flightradar24は、現在のフライト情報だけではなく、過去の運航情報を航空便(コールサイン)や航空機の登録記号から、さかのぼって閲覧できます。

無料プランでは過去7日の情報に限られていますが、Silverプランなら90日前まで、Goldプランなら365日前までの情報を見ることが可能になります。

SNSで話題になった、特別な航空機の運航を確認するだけなら7日間でも十分かもしれませんが、季節ごとの使用滑走路や飛行ルートの傾向を調べて、ヒコーキ写真を撮るのであれば、季節が同じ1年前までさかのぼったデータを、参考にしたいところです。

このほか、Flightradar24の航空機アイコンには、航空会社のロゴかテキストラベルを表示できますが、無料プランでは1つの情報しか表示できません。有料プランでは、4つまで情報を追加することが可能になります。

詳細情報を参照しなくても、航空機アイコンに各種情報が表示されるので便利です。

■「飛行機アプリ」おすすめ記事
世界中の飛行機の動きを追えるマニアックアプリ
「Flightradar24」PC版でアップデートした機能

■「飛行機事故」おすすめ記事
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
飛行機の座席は墜落のリスクを考えて後方を選ぶ

■「座席」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事