ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

大空港と地方空港で異なるエアーバンド受信テク

エアーバンド受信が盛り上がるのは、離着陸する航空機を見ながら、目と耳でヒコーキを感じる時でしょう。大空港のエアーバンドではたくさんの周波数が使われているので、あれもこれも聞いてみたくなる気持ちも分かります。ここで受信機のスキャンを活用する人も多いでしょう。大空港と地方空港のエアーバンドの違いを見ていきます。


大空港と地方空港で異なるエアーバンド受信テク

大空港のエアーバンド受信は1波固定

大空港のエアーバンド受信で、スキャン中に肝心な交信を聞き逃してしまったり、受信機の操作に気を取られて、受信を楽しめないことにもなりかねません。大空港では、TWR(タワー)の1波固定でワッチとヒコーキの動きを存分に楽しむのがセオリーです。

一方、トラフィックの少ない中小規模の地方空港では、TWRやRDO(レディオ)の交信は極端に少なくなります。しかし、定期便以外のフライトもあるので受信は必須です。

この時、チェックするのが航空会社のカンパニーラジオ。これはパイロットと航空会社のスタッフの連絡波で、航空路管制からTWRやRDOにハンドオフされるずっと前から、到着予定時刻や空港周辺の気象情報などを連絡しています。そのため、いち早く航空機の動きを知ることができるのです。

最近ではIP無線を使っているため受信できない場合も多いのですが、地上のスタッフや空港を管理するCABなどが使う業務無線(空港内連絡波)も貴重な情報源の1つとなります。

到着する航空機のエアーバンド受信

到着する航空機のエアーバンドを追っかけ受信するのもアリです。特別な塗装を施したヒコーキや、VIP機を撮りたいという時は、この方法がベストでしょう。

エアーバンドは、飛んでいる空域によって管制機関や管制席が移っていくため、使用する周波数がめまぐるしく変わります。到着機は基本的にACC(航空路管制)→APP/RDR(進入管制)→TWR→GNDといった順番でシフト。この順番で周波数を変えていきます。

パイロットと同じような気分を味わいつつ、到着を待つという楽しみ方です。空港やその周辺であればハンディ機+付属アンテナでも、100km以上先を飛行する航空機の電波をキャッチできるので、長い時間受信することが可能です。

周波数の変更は、管制官からの指示とパイロットの復唱を聞き逃さなければ、難しいことではありません。「Flightradar24」で実機の位置を確認しつつ受信。交信と共に、滑走路の先に航空機が見えて来た時の盛り上がりは、空港受信ならではの面白さです。(写真/星智徳)

■「エアーバンド」おすすめ記事
航空無線は周波数は空港や航空路ごとに割り当て
日本航空のコールサインは「JAL」ではなく何?
航空無線おすすめ記事リスト

■「飛行機」おすすめ記事
世界中の飛行機の動きを追えるマニアックアプリ
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?

■「コード」おすすめ記事
LINEのPINコード導入のきっかけとなった事件
IC-R30でデジタル簡易無線の秘話コードを解析

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事