ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

プリウス純正カーナビの裏メニューを表示させる

家電製品やスマホに隠しコマンドがあるように、カーナビにもある操作をすると表示される裏メニューがあります。そこで、プリウス純正カーナビの裏メニューを表示させる方法を紹介しましょう。プリウス純正カーナビの裏メニューに入ると、故障診断や各種機能の微調整ができるようになります。

スポンサーリンク
プリウス純正カーナビの裏メニューを表示させる ## プリウスのカーナビ隠しコマンド プリウスの純正カーナビは、隠しコマンドを入力することで簡易的なダイアグモードに入ります。ダイアグモードはメーカーのサービスマンが検査・修理用に使うもので、さまざまな設定の変更や確認が可能です。 例えば、車両の調子が悪ければ故障診断、受信感度がイマイチならテレビ設定で確認したりなどです。ETC連動タイプの場合は、車両のサイズから通行料区分の設定も変更できたりします。 そんな裏メニューを表示させるための隠しコマンドは、プリウス純正カーナビの「現在地」ボタンを押したまま、スモールライトを3回ON/OFFするというもの。これでダイアグモードに入ります。 ## プリウス純正カーナビの故障診断 実際に、プリウスの純正カーナビに隠しコマンドを入力してみました。すると、表示されたダイアグモードのトップ画面には「故障診断」「機能検査・調整」「サービス情報」「製品情報」のメニューが並んでいます。 故障診断のメニューからは、簡易セルフチェックが実行可能。また、セキュリティ解除コードが不明なため、SDカードコピーや走行中のテレビ視聴制限などの設定は変更できませんでした。 メニューを操作していくと、バックガイドモニターが調整できる画面も表示されます。より広角に映る車外カメラなどに取り替えた場合、このダイアグモードから舵角の微調整が可能です。(文/Toybox)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事